« №14 タイ語はできません | Main | №16 ロングステイのカリスマ その2 »

May 03, 2005

№15 ロングステイのカリスマ Hさん 

04073013

その1  
 自称“バンナーのイケメン”ことHさんは、タイのロングステイのカリスマである。

 大手精密機器会社に勤務していた1992年から97年までの5年間、バンコクに駐在した経験がある。帰国して1年後、53歳で早期退職して、タイに戻ってきた。バンコクでの生活は、今年で8年目を迎えている。
 バンコク郊外のバンナー地区のコンドミニアムに奥さんと二人暮らしである。周囲は緑が多く、プール付の瀟洒なコンドミニアムで、近くには大型のショッピングセンターがあり、生活には便利な場所である。そして、少し郊外に出ただけなのに、涼しい風が吹き、市内と比べるとずいぶん涼しい。
 
ロングステイの過ごし方と今後の予定
 現役時代、バンコク勤務を終え帰国してみると、生産拠点を海外に移す企業が多く、国内の製造業は空洞化していた。このような状況のなかで「定年までのあと8年間、どのように過ごそうか、このまま会社生活を続けるのは気が進まない」と感じたHさん。また、このまま会社にいて定年を迎えた時、果たして海外で生活する気持ちがあるのか疑問に思い、「余生をタイで過ごすのもいいか」と早期退職を決意した。
 「リタイアの時期は、自分で決めるものです。年齢ではありません」という。一般的に男性は、組織、会社名そして肩書きにたいする未練が強いので、なかなかリタイアできないことが多いのだという。

04073012

 

|

« №14 タイ語はできません | Main | №16 ロングステイのカリスマ その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/3959318

Listed below are links to weblogs that reference №15 ロングステイのカリスマ Hさん :

» コンドミニアム [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「コンドミニアム」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読... [Read More]

Tracked on May 03, 2005 at 03:14 PM

« №14 タイ語はできません | Main | №16 ロングステイのカリスマ その2 »