« №32 「タイロングステイ日本人の会」 | Main | №34 バンコクで海鮮中華 »

May 20, 2005

№33 「タイロングステイ日本人の会」 その2

20050403_dscf0039


その2

「タイロングステイ日本人の会」の機能
 「日本人の会」は、タイでロングステイをする会員同士が協力して助け合い、個人の生活支援をする互助的な団体である。趣味やゴルフなど会員相互の交流や親睦を兼ねたイベントをはじめ、ロングステイに必要な生活情報を提供したり、生活上の問題点を改善したりすることを目的にしている。さらに、ボランティア活動の紹介と参加によって、生きがいのある長期滞在を支援しようとしている。
 ロングステイを順調に過ごすためには、親しくつき合える日本人の友人をつくるとともに、地元社会と交流し、タイ人の友人をつくることの重要である。会員からも「友達が欲しい」という希望が、一番多いという。
 夫婦同伴の場合、ご主人が長期滞在を希望しているとご主人は行動的だが、ついてきた奥さんは引きこもりがちになり、タイに馴染めずに苦労する。反対に奥さんが外部とのつきあいに積極的な方が、夫婦ともにうまくいくことが多いという。
 タイで友人ができる機会をつくり、地元社会との交流を推進する意味でも、「日本人の会」に期待される役割は大きいものがある。

 個人が海外で長期滞在する場合、特に生活情報の不足、病気や事故時の対応などについての心配や不安が大きく、友人や交流ができずに孤立する可能性もある。その対応として「日本人の会」の存在と役割は重要であろう。「日本人の会」という中間組織が、会員同士を結びつけ、相互に助け合ったり、励ましている。
 ロングステイをする個人が集まってグループをつくり、趣味やスポーツなどの交流をとおしてネットワークを形成する。グループは組織化され、地域の一員として現地社会に溶け込み、さらにボランティア活動など現地社会への貢献を志向している。「日本人の会」は、個人では困難であったことやできなかったことを、組織になることによって可能にしようとしている。
 このような活動は、「日本人の会」が個人を支援する機能を有し、個人とタイの社会を結ぶ役割を担っているといえるのではないでしょうか。

まとめ
  「タイロングステイ日本人の会」をはじめ、長期滞在をする個人をサポートし支援する団体や組織が、生まれ始めている。ロングステイをしようとする個人が、支援をしたり、社会とつないでくれる組織を必要としている証であろう。
 個人がグループになり、集団や組織をつくり、他者や現地社会との交流を始めようとしている。そして、組織を介して人や社会との交流を広げ、個人ではできなかったことを可能にしていく。
 この意味で「日本人の会」のような中間支援組織は、ロングステイをしている個人に安心感を与え、勇気づけをすると同時に、個人と社会を結ぶ役割も果たしているのである。

|

« №32 「タイロングステイ日本人の会」 | Main | №34 バンコクで海鮮中華 »

Comments

はじめまして、kimcafeと申します。
ブログのテーマに大変興味を持っています。
私も将来は海外で生活したいと考えています。自分の場合は、1箇所に定住というより、どこかを拠点にして、3ヶ月単位で年2回新しい土地を廻るというイメージでいます。
現在の仕事上でも、退職者向けの情報提供や起業支援といったテーマをもっていますので、できれば海外ロングステイをそれに絡めたいなと考えています。
今後も、情報のご提供よろしくお願いいたします。

Posted by: kimcafe | May 21, 2005 at 04:14 PM

 コメントありがとうございます。
これからも毎日、一記事を目標にやっていきます。
 kimcafeさんのテーマの参考になるかもしれません。
 http://n-geneki.com/index.htm
 

Posted by: 池邉善文 | May 21, 2005 at 06:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/4203792

Listed below are links to weblogs that reference №33 「タイロングステイ日本人の会」 その2:

« №32 「タイロングステイ日本人の会」 | Main | №34 バンコクで海鮮中華 »