« №58 バンコクのタクシー事情 | Main | №60 ロングステイビザ »

June 15, 2005

№59 フードコート

  バンコク郊外のムアンボーランにて
20050403_dscf0038

 「屋台で食べるのは、ちょっと勇気がいる」という方には、「フードコート」がお勧めです。
 タイに長期間住んでいる人ならいざ知らず、短期間の観光やロングステイヤーにとって、屋台は衛生面で不安があります。屋台の食事で体調を崩してしまっては何にもなりません。暑いタイでは、より一層の健康管理が大切なのです。わたしもチャイナタウンの海鮮屋台以外では、食べたことがありません。そこで手軽で便利なのがフードコートです。

 フードコートは、バンコク市内の大きなショッピングセンターには、必ずといっていいほどあります。いくつもの飲食店が集まっていて、気に入ったお店の美味しそうなメニューを注文し、たくさん並んでいるテーブルへ料理を運んで、そこで食べます。料理は、タイ料理(ご飯ものから麺類まで)をはじめ、中華料理、インド料理、韓国料理、日本料理、それにデザート、ドリンクまであります。

 まず、窓口でクーポン券(食券)を買います。ひとり200バーツ(約600円)もあれば十分です。たとえば100バーツ出すと、2,3種類の金種がつづりになった同額のクーポン券と交換してくれます。そしたら、たくさんある飲食店の中で、好きな料理を注文します。だいたい1品60バーツから70バーツくらいと、リーズナブルな値段です。
 言葉はタイ語でほとんど通じませんので、メニューや並んでいる料理を指差して注文します。それで十分通じます。料金表の金額だけ、クーポン券をお店の人に渡せばそれでOKです。ほとんど待たされずに料理が渡されます。あとは料理を空いているテーブルへ運んで、食べるだけです。
 食べ終わったら、食器類はそのまましておいて構いません。お店のスタッフが片付けてくれます。
 お昼や軽食にぴったりの量です。足りない時は、2種類のメニューを注文するとよいでしょう。もちろん別々のお店で頼んでいいのです。わたしは、ココナッツミルクを使ったグリーンカレーが好きなので、フードコートでよく食べます。
 
 しかし、ひとつ注意があります! 余ったクーポン券は、最初に買った窓口で、現金に再換金します。忘れないでください。わたしは、これで一度失敗しました。次回来た時に使えると、勘違いしたのです。後日、支払おうとして通用しなかったのは、言うまでもありません。
そうです、クーポン券は当日のみ有効なのです。 いまだに悔しい~!!

|

« №58 バンコクのタクシー事情 | Main | №60 ロングステイビザ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/4533140

Listed below are links to weblogs that reference №59 フードコート:

« №58 バンコクのタクシー事情 | Main | №60 ロングステイビザ »