« №63 ルンピニのナイトマーケット | Main | №65 暁の寺(ワット・アルン)  »

June 20, 2005

№64 パソコンは必需品

  ウィークエンドマーケットにて
20050402_dscf0028

 タイでロングステイをする場合、日本の情報収集や連絡をどのようにするかという問題があります。ひとつには、NHKの衛星放送や新聞から最新の情報が得られます。
 もうひとつは、パソコンを使ってインターネットから、いろいろな情報やニュースを入手できます。また、Eメールを使って日本の家族や友人との連絡できます。さらに、最近では、パソコンを使ったインターネット無料電話(スカイプ)まで登場しています。
 
 もちろん、これまでのように、はがき、手紙の航空郵便、NTTコミュニケーションなど通信会社を通した国際電話もあります。しかし、航空郵便でも4,5日掛かりますし、国際電話は、情報が最新ではないかもしれませんが、日本までの1分間あたり、40バーツ(120円)も掛かってしまいます。ヤフーなどのADSL契約によるIP電話ですと、1分間あたり48円で済みます。アメリカへは、なんと2.5円です!(もうすぐ若干値上がりするようですが)。とても国際電話を使う気になれませんね。ただし、IP電話は、日本から海外への通話に限られます。つまり、IP電話は、一方通行でタイからは利用できません。
 直接、会話しなくてもよくて通常の連絡であれば、Eメールが便利です。日本国内同士でも、Eメールは一般化していますが、海外との連絡手段としては、一層役立ちます。わたしもタイ在住の方やロングステイ中の方への連絡は、すべてEメールです。パソコンを使わない方には、はがきをエアメールで出しますが、時間がかかる上に意思確認もなかなかできません。

 パソコンは、日本からノートパソコンを持参するのもよいでしょう。しかし、バンコク市内にはたくさんにインターネットカフェがあり、1分間1バーツ(3円)で利用できますので、自分のパソコンを持っていかなくても大丈夫です。
 インターネットカフェに行けば、手軽にインターネットやEメールができるのです。さらに、最近一般的になったメモリースティックにいろいろな資料やデータを入れて、バンコクのインターネットカフェのパソコンで開いて、仕事をしたり、資料をつくったりもできます。インターネットカフェでEメールをする場合、ホットメールのメールアドレスを取得して、このアドレスを使うと良いでしょう。簡単に取得できますし、無料で利用できます。
 また、普段使っているアドレスも、プロバイダーが提供するウェブ・メールを使えば、いつものように使えます。

 最初は、戸惑うこともありますが、すぐに慣れます。たとえば、キーボードが日本版でなく英語版が多く、中にはハングル文字のものまであります。また、「変換」キーがないので焦りましたが、スペースキーを押せば漢字に変換できます。分からないときはスタッフに聞くと何とかなります。使えるようになれば、リアルタイムで日本のニュースを知ったり、家族や友人との連絡もすぐにできるのです。
 
 ロングステイをしたいと考えているシニアの方、是非インターネットとEメールを使えるようになりましょう。それ以外の難しいパソコンの機能までとは言いません。

|

« №63 ルンピニのナイトマーケット | Main | №65 暁の寺(ワット・アルン)  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/4630296

Listed below are links to weblogs that reference №64 パソコンは必需品:

» 目的に合ったノートパソコン購入の支援! [後悔しないノートパソコン購入講座]
目的に合ったノートパソコンを手に入れるための情報満載です。ノートパソコンの購入を考えている方は是非一度ご覧ください。 [Read More]

Tracked on June 27, 2005 at 11:58 PM

« №63 ルンピニのナイトマーケット | Main | №65 暁の寺(ワット・アルン)  »