« №67 介護とタイ・日本の関係 | Main | №69 男性もエステへ »

June 24, 2005

№68 ミュージックCDは割安

ルンピニ・ナイトバザールのライブショー
04072823


 わたしのタイ行きの楽しみのひとつは、音楽CDをおみやげに買ってくることです。音楽CDは、約400バーツ(約1200円)で買うことができます。日本ではアルバムCDは、2500円から3000円くらいしますから、日本の約40%で買えることになります。

 エンポリウム、サヤーム・センター、ワールド・トレード・センターなどには大きなCDショップがあります。多くのジャンルのCDが揃っています。洋楽はもちろんのこと、J-POP(邦楽)、地元タイの音楽、K-POP(韓国)、アジア各国の音楽といかにもタイを感じさせます。もちろん視聴もできます。洋楽は日本のCDショップと同じくらい豊富なので、古いナンバーから新譜まで好きなCDが簡単に見つかるでしょう。
 J-POPは、それほど多くのアイテムはありません。タイでも人気がある、売れるミュージシャン中心なのでしょう。宇多田ヒカル、中嶋美嘉、ケミストリー、平井堅などは新譜まであります。また翼&タッキーは、タイでは人気があるそうです。しかし、スマップ、サザン・オールスターズなどのCDは、見たことがありません。そうかと思うと松田聖子や酒井典子の10年以上前のCDが、一緒に並んでいたりします(笑い)。
 日本で人気がある、売れているからといって、必ずしもバンコクでも売っているとは限らないのです。ですからおみやげ用には、あらかじめ好きなアルバム名を数種類メモして行くことを勧めます。バンコクでは売っていないことが多いからです。アーティストにもよりますが、買いたいCDの約50%見つかればラッキーというところでしょうか。こうして10枚くらいのCDを買って帰ることになります。
 他にも世界各国のCDが、特にアジア系のCDが揃っていますので、ディープなアルバムを探してみるのも面白いかもしれませんね。

 一方、パンティープ・プラザやナイトマーケットでは、違法コピーの海賊版CDが堂々と売られています。コピー天国のタイでは、一般的な光景です。どれも100バーツ(約300円)です。そのジャケットは、カラーコピーしたものです。タイのミュージシャンや洋楽がほとんどで、J-POPは売っていません。やはりJ-POPは、タイではマイナーなんですね。海賊版はこれまで買ったことがないのですが、ブランド物のコピーのバックと同じで、帰国時に没収されるかもしれませんね。

 買い物やおみやげのアイテムにミュージックCDを加えてみてはいかがでしょう。

|

« №67 介護とタイ・日本の関係 | Main | №69 男性もエステへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference №68 ミュージックCDは割安:

« №67 介護とタイ・日本の関係 | Main | №69 男性もエステへ »