« №68 ミュージックCDは割安 | Main | №70 日本の食材が揃う »

June 25, 2005

№69 男性もエステへ

  ライトアップされたワット・ポー
04072722

 男性もエステ? と思われるでしょうが、これがなかなかのお薦めなのです。

 バンコクには、「マンダラ・スパ」や「クラランス」といった高級エステティックやスパが数多くあり、サービス内容は日本とほぼ同じレベルで、なおかつ安い料金で利用することができます。フリーペーパーやウェンディーツアーやパンダバスのパンフを見ると、お得な情報や割引料金のツアーが載っていますので、希望のお店、内容、料金を選ばれるとよいでしょう。
 フェイシャル、ボディーマッサージ、フットマッサージ、アロママッサージなどのコースがあり、料金はコースによって1000バーツ(3000円)から5000バーツ(15000円)くらいまであります。人気店が多いので、必ず予約を入れて行きましょう。

 日本のエステは、女性専用で男性には無縁のところですが、バンコクでは男性も利用できるエステがあります。これは一度経験してみようと、勇気を出して行ってみることにしました。
 わたしが行ったのは、スクムビットのソイ24の「アジア・ハーブ・アソシエーション」です。BTSプロンポン駅から歩いて5分くらいで、アリストンホテルのすぐ近くにあります。お試しということもあって、お手頃の料金のお店を選びました。日本人のスタッフがいて、日本語で予約ができるので安心です。
 
 予約した時間に行き、ちょっとドキドキしながらコースとタイのハーブ・エッセンスを中心とした好みのアロマオイルを選びます。全身のアロママッサージの2時間コースを選びました。料金は1000バーツ位だったと思います。
 受付のきれいなお姉さんに案内された半個室のマッサージ室で、服を脱ぎ全裸(もちろんバスタオルを腰に巻いて)になってマッサージ嬢をしばし待ちます。まもなくマッサージ嬢が現れ、アロママッサージの開始です。まず、背中にたっぷりのアロマオイルを塗って、ゆっくりとマッサージをしていきます。
 アロマオイルの良い香りが鼻腔をくすぐり、心地よい微妙なマッサージの感触が、入り混じって心も体もリラックスし始めます。まもなく、意識と無意識の境界線が分からなくなり、いつの間にか夢の世界へ落ちていきます。アロマオイルが塗られた全身の感覚は、タイ式マッサージとも違うものです。アロマオイルが、その感覚を一層微妙なものにしているのでしょう。
 夢心地の2時間が、あっという間に過ぎていきます。マッサージが終わると、シャワーでオイルを落としてさっぱりします。心身ともにリフレッシュしてお店を後にしますが、非現実の世界から現実社会のバンコクの喧騒に引き戻されるちょっとしたギャップを感じます。 

 全裸になるので、最初はちょっと恥ずかしいですが、エステもなかなかよい経験です。男性も勇気を出して、是非!

「アジア・ハーブ・アソシエーション」
・住所:33/1, Soi 24, Sukhumvit Rd., Klongton, Klongtoey, Bangkok 10110
・電話:66-02-260-8864
・ファックス:66-02-661-0035

|

« №68 ミュージックCDは割安 | Main | №70 日本の食材が揃う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/4697342

Listed below are links to weblogs that reference №69 男性もエステへ:

« №68 ミュージックCDは割安 | Main | №70 日本の食材が揃う »