« №69 男性もエステへ | Main | №71 マラソンと自己実現 »

June 26, 2005

№70 日本の食材が揃う

 ロングステイとは、 “生活すること”が基本と考えます。そうすると、サービス・アパートメントでの掃除を除けば、自炊と洗濯は自分ですることが、原則といえるでしょう。
 そこで、毎日の食事をどうするかということが、一番大きな問題になるます。バンコクでの外食費は日本に比べると安いので、外で食べる機会が多いでしょう。しかし、毎日タイ料理中心の外食という訳にはいきません。日本の自宅のように「朝食はご飯と味噌汁」と日本食を食べたい思うのが人情です。自炊した場合、日本の食材が手に入るのか心配される方も多いと思います。

     フジスーパー
04072712

 日本の食材は、エンポリウムのスーパーなど市内の大きなスーパーにも置いてあります。しかし、一番品揃えがいいのが、 「フジスーパー」(1号店はスクムビット・ソイ33)でしょう。 
 スクムビット地区は、日本人駐在員の家族が多く住むエリアです。「フジスーパー」は、その日本人たちの御用達のスーパーともいえるでしょう。その周辺には、日本食レストラン、パン屋さんなど日本人向けにお店が数多く集まっています。
 「フジスーパー」の商品アイテムは、日本で売っている日本食の食材をほとんど揃えています。タイ国内で生産された豆腐や納豆などは、リーズナブルな価格ですが、醤油やインスタント食品など日本から輸入された食材については、日本よりも割高になっています。約2倍くらいでしょうか。でも味噌、醤油はそんなに多く消費しないので、あまり気にならないのではないでしょうか。それ以上に、タイ国内産の豆腐、納豆など多く消費する食材が、割安な価格という方が助かりますよね。
 お米もあります。タイ米は、5キロ、130から160バーツ(400~500円)です。いつかの米不足の時のように、「タイ米はちょっと」いう方は、安心してください。日本米もあります。タイ国内で日本米が作られているのです。 2004年7月の調査では、標準的な日本米が、248~269バーツ(5キロ、約800円)、「秋田小町」270バーツ(5キロ、約800円)、「ひとめぼれ」350バーツ(5キロ、約1000円)、一番高い「こしひかり」が375バーツ(5キロ、約1100円)と日本の半額から3分の1程度の価格です。味は、日本国内で食べるお米と遜色ないそうです。これでも「フジスーパー」は割高な方で、バンコク市内に多くある「カルフール」や「ジャスコ」では、もっと安く買えるとのことです。
 これ以外にも、お刺身、御寿司をはじめ、日本風の弁当やお惣菜もありますので、単身の方にも便利です。また、日本酒や焼酎も割高(これも日本の2倍以上)ですが、置いてあります。詳しい価格は調べていませんが、タイはビールは安いものの、その他のお酒は一般的に高いようです。

 価格は別にして、このように日本の食材は、全部揃うと言っても過言ではありません。ロングステイヤーにとって「フジスーパー」は、心強い味方といえるでしょう。

(参考)タイ大手ローカルスーパー調べ

(記載例) アイテム 内容        価格(バーツ)
    ・食パン半斤 ファームハウス漂白 15
    ・大豆サラダ油  クック        36 
    ・しょうゆ キッコーマン       125
    ・豚肉スライス 400g        68
    ・鶏ムネ肉 1パック        15
    ・卵 10ヶ 市場価格     30~45
    ・牛乳 CP明治 830ml     27
      ・豆腐 きぬ、もめん     15
    ・キャベツ 1kg        11
    ・にんじん 1kg        18
    ・ポッカ ウーロン茶 ペットボトル1.5 49~60

|

« №69 男性もエステへ | Main | №71 マラソンと自己実現 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/4711890

Listed below are links to weblogs that reference №70 日本の食材が揃う:

« №69 男性もエステへ | Main | №71 マラソンと自己実現 »