« №75 便利なフリーペーパー  | Main | №77 ipod シャッフル »

July 03, 2005

№76 夜景の絶景ポイント

     ワット・ポーの夜景
04072722

 バンコクは、チャオプラヤー川沿いに発展した都市であり、河口近くに位置しているため、その周辺に山は見えません。そのため、市内を見渡せるビューポイントは、高層ビルの展望台や高層ホテルからの眺望に限定されます。その中から、夜景の絶景ポイントを2ヶ所、デートスポットとしても最適の場所を紹介したいと思います。

 まず、サートーン通りにある「バンヤン・ツリー」ホテルの屋上レストラン&バーです。「バンヤン・ツリー」ホテルの外観は、その高さの割りに薄っぺらい印象で、遠くからもよく目立ちます。
 高速エレベーターで、あっという間に60階に着きます。実際に屋上まで上がってみると、下から見るよりも建物の幅は、高さのせいもあって予想以上に狭いものです。狭い部分は、幅5,6mしかない感じがします。
 約200mからの夜景は、バンコク市街を360度見渡せます。オープンエアーのレストランの先端部分がバーになっていて、中央のカウンターを囲むようにテーブル席が配置されています。
 心地よい風に吹かれながら、ここから眺める夜景は最高です! 遮るものが何もないので、開放感100%です。 というか、高所恐怖症の人には、絶景を楽しむ余裕などないかもしれません。何しろ背が低いフェンスひとつ向こうは、空中なのですから。こんな構造の屋上バーは、安全対策上日本では間違いなく許可されないです。 “スリル満点”のバーともいえるでしょう。
 あまりフェンス越に下を見ないで、遠くまで広がる夜景を眺めているぶんには、恐怖感はありませんので安心してください。完全オープンエアーですから、雨が降ればすぐにクローズになります。天気が怪しい夜は避けた方が無難です。

 もうひとつバンヤン・ツリーと人気を二分するのが、シーロム通りの高層サービスアパートメント「メリタス・スウィート・ステートタワー」の屋上にある「ドーム」というレストラン&バーです。このビルの最上階部分がドーム状の構造になっていてライトアップされていますので遠くからもそれと分かります。 
 両者を比べると、ここからの夜景の方が、美しいようです。
 室内レストランの外のベランダには、ゆったり目のソファーがあるので、のんびりとした気分で夜景を楽しめます。
こちらも屋上部分は、基本的にバンヤン・ツリーと同じような造りになっています。室内と屋上の2ヶ所にレストランがあり、やはり屋上にもオープンエアーのバーがあります。ここのバーは、スタンドだけでテーブル席がありません。その夜は、週末ということもあって鈴なりのお客さんで、そこで飲むのを諦めて、早々に引き揚げました。
 全体的にかなり広いスペースなのですが、夜景を楽しむ観光客も含めて大勢の人で混んでいて、ゆっくりできなかったので、平日の方がよいと思われます。
 どちらも料金は、ワンショットで1000円前後です。しかし、両方のレストランも日本で食べるのと変わらないくらい、かなりのお値段です。
 
 別世界にいるような気分にさせてくれる、この“天空のバー”を一度経験してみませんか?

|

« №75 便利なフリーペーパー  | Main | №77 ipod シャッフル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/4768872

Listed below are links to weblogs that reference №76 夜景の絶景ポイント:

« №75 便利なフリーペーパー  | Main | №77 ipod シャッフル »