« №121 ドイステープ山  その2 | Main | №123 両替と銀行事情について »

August 19, 2005

№122 迷宮のナイトバザール

 ノニ石鹸を買ったお店のお姉さん
20050805_dscf0074

 バンコクはルンピニにあるナイトバザール。以前にも紹介しましたが、公営のナイトマーケットで、PM3から営業していているので、お土産や掘り出し物を探しに早めの時間帯から出掛けられます。 その上、地下鉄ルンピニ駅のすぐ上ですから、大変便利です。観光スポットとしても、お客さんを案内するにも、面白く喜ばれると思います。
“ナイトバザール”といえば、チェンマイが有名ですが、これはまたの機会に紹介します。

 今回も、夕食を済ませてPM9頃から、お目当ての雑貨を探しに、ぶらぶらと歩いてまわりました。地下鉄の出口からすぐに、たくさんの食べ物の屋台が出ていました。 以前は見なかったので、新しく出店したのか、遅い時間から営業するのかは分かりませんが、美味しそうな屋台ばかりです。今度は、ここで腹ごしらえをしたいと思います。
 
 これまでにもナイトバザールには何度か来ているのですが、方向音痴ではないにもかかわらず何故か迷ってしまいます。 いつもお香やアロマオイルなどを買うお店が見当たりません。このナイトバザールは、雑貨を扱う小さな店が集まったブロックが、道路をはさんでいくつかあるのですが、それらが全く同じ造りのブロックで、なおかつ同じような店が軒を並べ、幾筋かの狭い通路が、縦横に走っているからと気づきました。
 夜このマーケットに行って、目当ての店を一度も迷わずに行ける方は、「ナイトバザール通」と認めないわけにいきません。しかし、漸くにしてブロック間の違いに気づきましたので、これからは迷わない自信がつきました。

 買い物の目的は、 「ノニ石鹸」とアロマエッセンスです。ノニは、ハーブの仲間で最近健康飲料や石鹸などに利用され、ちょっとしたブームです。 以前、「ノニ石鹸」をいただいたことがあり、きめ細かな泡と肌に優しい感じがとてもよかったので、やっと探し出して買いました。旅行業者がお土産用にツアー中に販売しているようですが、ここはやはり値段交渉をしながら買うのが、ナイトバザールの醍醐味というものでしょう。
 そのお店では、いろいろな種類のアロマエッセンスも扱っていましたので、夏らしくレモングラスのアロマを買い求めました。かなりオマケしてもらったのは、言うまでもありません。

 せっかく来たので、後は面白い店はないかと散策です。お香やネクタイはいつも買うので、見るだけです。タイシルクのネクタイが、80バーツ(240円)から高くても150バーツ(450円)くらいです。交渉すればもっと安くなります。 普段に絞めるネクタイは、これで十分です。有名なジムトンプソンでは、3000円から4000円しますので、いかに安いかです。

たくさんの海賊版CDが売られています
20050804_dscf0072

 いくつかの店では、海賊版のCDやDVDをすべて100バーツで売っています。ある店を覗いてみると、日本で上映中の映画をコピーしたDVDを売っていました。普通、CDは日本で再生できますが、タイで売っているDVDは、そのリージョン(地域)の違いから日本では観れません。しかし、そこの店主は、リージョンオールにしてあるから日本でも観れるというのです。絶対に観れるという言葉を半信半疑ながら、騙されたと思って3タイトル買いました。
 結論から言うと、本当に観れました。このあたりの話は、改めて記事にすることにしましょう。

 タイの雑貨に興味がある方、掘り出し物を探すのが好きな方、まあとにかく色々な物が売っているナイトバザール、まさに“ラビリンス(迷宮)”ともいえるでしょう。 

|

« №121 ドイステープ山  その2 | Main | №123 両替と銀行事情について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/5538113

Listed below are links to weblogs that reference №122 迷宮のナイトバザール:

« №121 ドイステープ山  その2 | Main | №123 両替と銀行事情について »