« №129 ゾウに乗って王様気分 その2 | Main | №131 「会社人間」から「地域人間」へ »

August 27, 2005

№130 バンコクで眼鏡を作る

   フジスーパーの近くです
20050805_dscf0081

 最近、ついに老眼が入り始めました。かなりの近眼なので、なかなか出ていなかったのですが、どうも近くの文字が見にくいと思ったら老眼がやってきたのです。 普段はコンタクトを使うことが多いのですが、それでも眼鏡は手放せません。永く使っていたこともあって、買い替えることにしました。それも物価が安いタイのこと、ちょうどバンコクに行くので、現地の眼鏡屋さんに行ってみることにしました。日本人の駐在員が多数いるバンコクのこと、日本人のスタッフがいて検眼なども安心できるお店があるだろうと考えたからです。

 日本で売っている商品は、ほぼ何でも手に入るバンコクです。調べてみるとやはり日本資本の眼鏡屋さんがありました。そこでスクンビット通りソイ33/1のフジスーパーのすぐ近くにある「東京メガネ」さんに行きました。
 日本人スタッフの方の対応で、メガネのフレーム選びから検眼やその結果の説明まで、日本のお店で買うのとまったく同じ感覚と安心感がありました。約30分ほどの時間で終了で、翌日の午後には出来上がりです。
レンズの在庫があればその日にでも出来上がるようですから、短期間のツアーの場合でも作れますね。帰国しても三越の同店でメンテナンスしてくれるそうです。

 お値段は、同店の比較でおよそ日本の3分の2くらいのようです。フレームは日本製のチタンのもの、レンズもHOYAのタイ工場製造のものだそうです。
 近眼の度が強いので、薄いレンズにしました。これで11000バーツ(約30000円くらい)でした。フレームが6000バーツと、レンズが5000バーツ見当です。素人目にも日本だと4~5万円くらいすると思います。標準のレンズ(1500バーツから)を使えばもっと安く仕上がります。また、現地資本のお店で、中国製のフレームやレンズを使えば、もっと格安になるそうです。
 これまで使っている眼鏡と比べると、半分の軽さなので大変楽ですね。なかなか気に入っています。この新しい眼鏡を知り合いの方からいただいた、お洒落なジムトンプソンのメガネケースに入れて使っています。

 バンコクで眼鏡を作ってみてはいかがでしょう。

|

« №129 ゾウに乗って王様気分 その2 | Main | №131 「会社人間」から「地域人間」へ »

Comments

情報ありがとうございます。富士スーパーのちかくですね。よってみます。

Posted by: 天誅乙女 | August 27, 2005 at 11:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/5656165

Listed below are links to weblogs that reference №130 バンコクで眼鏡を作る:

» スイカジュースinジムトンプソン [しのわずり]
マンゴーミルクやパパイヤミルクが牛乳で美味しさのバランスをとっているならば、ス [Read More]

Tracked on September 29, 2005 at 09:48 PM

« №129 ゾウに乗って王様気分 その2 | Main | №131 「会社人間」から「地域人間」へ »