« №133 世界一のエージェント | Main | №135 バンコク7日間が39800円! »

August 31, 2005

№134 タイムズ・スクウェア

   いい感じの「ピアノの弾き語り」
20050803_dscf0031

 BTSアソーク駅近く、シェラトン・グランデ・スクンビット・ホテルの横に、 「タイムズ・スクウェア」ビルがあります。
会社が多く入居しているビジネスビルですが、1、2階には多くのテナントが入っているので、大型の雑居ビル風でもあります。
 
 バンコクで滞在する場合、スクンビット通り周辺のホテルを利用することが多いので、よくタイムズ・スクウェアに足を運びます。 まず、2階にあるインターネットカフェを一番利用します。AM9からPM10までオープンしていて、BTSを利用する際や向かいのロビンソンのスーパーマーケットで買い物する前に行きます。このネットカフェは、料金が1分1バーツと料金が安く、多くのパソコンがあって回線速度も速いので快適に接続できます。
 その次に利用するのが、1階フロアの奥にあるカフェ風タイ料理店です。ランチや待ち合わせを兼ねたティータイムに便利です。味もまずまずの気安いお店といえるでしょう。
そして、タイムズ・スクウェアを一番特徴づけているのが、このタイ料理店の前での「ピアノの弾き語り」でしょう。黒人のミュージシャンが、ピアノを弾きながら歌っています。 これがなかなかいい感じなのです。スタンダードからジャズ、レパートリーも広いようです。演奏する時間は決まっているのでしょうが、よくわかりません。タイムズ・スクウェアに行った時、演奏していたらラッキーということにしましょう。
 1階には、他にタイの雑貨を扱っているお店などもありますので、ちょっと覗いてみるのもいいですね。

 ネットカフェ以外に2階には、書店、日本人スタッフがいる旅行代理店などがあります。この旅行社は、格安航空券やアジア各国へのツアーを割安で扱っていますから要チェックでしょう。
 また、フリーペーパーに大きく広告を載せているエステがあります。はじめてエステを経験したのは、このお店でした。料金が良心的で雰囲気もよく、日本語も通じますので初心者も安心して入れます。もちろん男性もOKです。

 このようによく利用するお店が多くて便利なので、いつも通うことになります。近くに行かれた時は、まず「ピアノの弾き語り」を聴きに行ってみましょう。

|

« №133 世界一のエージェント | Main | №135 バンコク7日間が39800円! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/5717760

Listed below are links to weblogs that reference №134 タイムズ・スクウェア:

» シニアの新しい生き方としてのロングステイ: №134 タイムズ・スクウェア [E-chan]
リンク: シニアの新しい生き方としてのロングステイ: №134 タイムズ・スクウ [Read More]

Tracked on August 31, 2005 at 01:26 PM

« №133 世界一のエージェント | Main | №135 バンコク7日間が39800円! »