« №171 エンポリウム | Main | №173 早朝の托鉢 »

October 08, 2005

№172 チェンライの牛バラそば

パクチーがたくさん入った牛バラめん
IMG_0205


 チェンマイを拠点にチェーンセンやドイメサロンなどタイ北部へ1泊2日の旅に出かけ、途中、古都チェンライでお昼になり、ランチをとりました。 そこでチェンライ出身のガイドのソンブーンさんお勧めの「牛バラそば」を食べることになりました。 この「牛バラそば」はチェンライの名物麺らしく、地元で美味しいと評判の専門店に案内してくれました。

 やはり人気店なのでしょう、お昼時の店内はお客さんで一杯です。壁にはタクシン首相が来店した時の写真が飾ってありました。有名人が来た時の写真を貼るのは、タイも同じですね。
 この店では、店頭で牛バラそばを作っています。大きな鍋が2つあって、大きい方の鍋は真ん中に仕切りがあり、スープの部分と牛バラを煮込んでいる部分に分かれています。 もうひとつの鍋は、牛バラそば以外の具材なのでしょう、豚の肉団子などが煮込まれていています。珍しいので写真を撮ろうとすると、店のお姉さんは照れてハニカミます。

 「牛バラそば」の値段は、30バーツ(約90円)です。醤油ベースの澄んだスープに、麺は平たい中麺です。柔らかく煮込んだ牛バラがたくさんのっていて、パクチー(香菜)が散らしてあります。パクチーが大好きなわたしには堪りません。
 スープはさっぱりしていますが、ビーフの出汁がしっかり出ています。しかし、砂糖がかなり入っていて甘いのです。出汁の味よりも甘さが勝っています。
 一般的に、タイ料理では砂糖を多用します。 “タイ料理は辛い”というイメージが強いのですが、実は砂糖もたくさん入っています。日本人が普通料理に使うよりもかなり多めに入れます。 ですから、タイでは太った人はあまり見かけませんが、糖尿病患者が多いといいます。ダイエットしたい方、糖分が気になる方には、タイ料理はお勧めできません。
 
 麺は、艶のある平らな中麺です。米で麺を打っているのだと思います。適度なコシもあり喉越しがいい麺です。お肉がボリュームがあるので、お昼には十分な量でした。

|

« №171 エンポリウム | Main | №173 早朝の托鉢 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/6243458

Listed below are links to weblogs that reference №172 チェンライの牛バラそば:

« №171 エンポリウム | Main | №173 早朝の托鉢 »