« №214 セブンイレブンの一人勝ち | Main | №216 タイロングステイマネジメント社 その2 »

November 20, 2005

№215 タイロングステイマネジメント社(TLM)

高級サービスアパート、メリタス・スィート
IMG_0149

その1
 タイロングステイマネジメント(TLM)株式会社は、タイの長期滞在観光を振興する政府の方針に沿い、2002年9月、タイ政府観光庁の出資により設立された企業です。 海外からのお客さんに、ロングステイの旅行計画や予約・ご相談受け付け、宿泊施設のご案内やツアーのアレンジを行っています。
 また、リハビリやメディカルケアーやデンタルケアーを目的とするロングステイヤーの相談も受け付けているそうです。

 TLMの事業として、バンコクをはじめ、チェンマイ、プーケット、ホアヒン、パタヤ、サムイ島などの契約宿泊施設の選定を主に行っており、同時にロングステイヤー向けのレクレーションや各種の割引サービスなどを提供しています。
 具体的には、日本人の長期滞在者向けに「タイロングステイ・クラブ」をスタートしています。入会すると「タイロングステイカード」が発行され、タイ滞在中の様々な生活サポート、特典を受けることができます。 日本で申込んだ場合、到着時にバンコク国際空港にてカードを受け取ることになっています。
 
タイロングステイクラブ会員特典
(1)タイロングステイマネジメント社オフィスにて、日本語を話せるスタッフが相談を受け付けます。
(2)タイ全土の契約宿泊施設を特別割引料金で利用できる。
(3)銀行の利用に関するサポート
(4)ビザに関する相談受付
(5)買い物、レストラン、スパ、タイ古式マッサージなどの案内
(6)タイ料理教室やタイ文化、タイ語を学ぶコースの紹介
(7)セントラルデパート、免税店での特別割引
(8)オフィス営業時間外の日本語の緊急テレホンサポートサービス
(9)弁護士の紹介
(10)日本語の通じる病院の案内 などのサービスです。

 「タイロングステイ・クラブ」の入会金として500バーツ(約1500円)、3ヶ月の会費が2500バーツ(約7500円)、それ以降3ヶ月毎に2000バーツ(約6000円)が必要になります。 まだ、設立から間もないTLM社、この利用料金が高いか安いのか、それは同社のきめ細かいサービスとそのサービスをどれだけ使いこなせるかにかかっているでしょう。

http://www.thailongstay-tlm.com/japanese/index.cfm?menuid=53&position=top

 つづく

 

|

« №214 セブンイレブンの一人勝ち | Main | №216 タイロングステイマネジメント社 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/7196078

Listed below are links to weblogs that reference №215 タイロングステイマネジメント社(TLM):

« №214 セブンイレブンの一人勝ち | Main | №216 タイロングステイマネジメント社 その2 »