« №248 和食のランチ | Main | №250 チェンマイの専門学校生 »

December 26, 2005

№249 タイの歯科治療費

   澤井さんのコンドミニアム
04072711

 タイでの歯科治療費は、どのくらいかかるのか? 
 バンコクで実際に歯科医院にかかられた澤井勇さんの話です。11本の入れ歯を作って、6900バーツ(約21000円)だったそうです。 入れ歯を作った経験がないわたしでも安いと思いますが、日本ではかなり高いのではないでしょうか。 入れ歯も日本の国民健康保険が適用されますので、帰国して還付請求をすれば、海外療養費として還付されます。
 また、1日コースの人間ドックも受けられたのですが、その料金は5000バーツ(約15000円)ということで、これも日本より割安ですかね。


 タイの歯科診療の場合も通常の医療と同様に、日本で学び、日本語が話せる歯科医師がいるそうです。 また、フリーペーパーなどの広告を見ても分かりますが、バンコクには日本人向けの歯科も数多くあります。 日本との違いは、専門医制をとっているため、患者ひとりの治療でも医師が変わる場合があるということですが、診療レベルは、日本との差はほとんどないと聞きます。
 
 インターネットからの情報ですが、バンコクで主に在住日本人を対象にした最先端の歯科医療を行っている歯科医院が紹介されていました。そこの医院では、次の5つの診療方針を掲げているそうです

 1.できるだけ歯を削らない
 2.できるだけ神経をとらない
 3.できるだけ歯を抜かない
 4.できるだけ取り外しの入れ歯にしない
 5.口元を美しく

 
 当たり前といえば当たり前なのですが、きちんと医療方針を表示しているのは、安心感がありますよね。 わたしの掛かりつけ歯科医院には、このような表示がしてなかったようなきがします。

 保険が適用されない治療を比較した場合、タイのほうが安く上がることが多いといわれています。 一般的に高いといわれる日本の歯科治療費を考えると、タイで虫歯を治したり、入れ歯を作るのもいい考えかもしれませんね。

 ちなみに「歯が痛いです」は、タイ語で「プワット ファン」というようです。

|

« №248 和食のランチ | Main | №250 チェンマイの専門学校生 »

Comments

はじめまして。日タイ友好フォーラムの副事務局長の横須賀と申します。

おせっかいかもしれませんが・・・・

タイ語で「ポワット ファヌ」は「頭が痛い」という意味ですよ。

歯が痛いは「プワット ファン」です。

Posted by: jwcbkk | December 29, 2005 at 11:09 PM

日本人を対象とした歯科は、タイ人富裕層向けの歯科よりも
5割以上高いです、ある程度高額の治療の場合、英語、タイ語ができない人は、通訳を自前で雇ってもタイ人富裕層向けの歯医者に行かれた方が安く済むはずです。

Posted by: 山本 | December 22, 2006 at 10:53 AM

日本の方がずっと安い。
保険適応で14歯まで4900円。

Posted by: 歯医者 | January 12, 2007 at 02:13 PM

歯の治療をしました。
北タイでしたが町の診療所は医療のレベルが低くて話にならず。私立総合病院の鹿に行きましたら、さすがにここは日本と同じレベルでとりあえず奥歯2本を抜歯をしました。奥歯の入れ歯の価格を聞きましたら2本で4万円とのことでこれなら日本と同じで日本なら国保がききます。
バンコクの事情は知りませんが必ずしもタイが日本より安いとは限りません。

Posted by: マエダ | January 25, 2007 at 06:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/7707102

Listed below are links to weblogs that reference №249 タイの歯科治療費:

« №248 和食のランチ | Main | №250 チェンマイの専門学校生 »