« №264 ビザは日本で取るかタイで取るか | Main | 号外 アクセス数 30000件超える »

January 12, 2006

№265 今から永住権を取得する?

  チャオプラヤー川から見る王宮
IMG_0560

 ビザの更新や延長は面倒だ。いっそのこと永住権を取得したら、という記事です。

永住権の申請要件
 ① ノンイミグラントの1年ビザを継続して3年以上所持している人。
 ② 同ビザのカテゴリーは、
  ・投資 ・就労またはビジネス ・タイ人または永住権者との親族関係のある人 ・専門家
 ① ②の要件を満たさない人は申請できないので、ロングステイビザの人は不可です。

申請時期
 毎年1回、12月の公示された日から年末の業務日まで、バンコクの入国管理局と地方入管で受け付ける。

入国管理局手数料
 申請料7600バーツ(約23000円)。不許可でも戻りません。許可された場合、191400バーツ(約57万円)!

メリットは?
 ① 一生タイで暮らせる。もうビザを気にしなくてよい。でも出国の際、リエントリー許可(3800バーツ/マルチ)の他に当局の認証(1700バーツ/年)を得なければならない。
 ② タイの国籍を取得する資格ができる。もちろん日本国籍のままでいい。
 ③ 労働許可の申請要件が、ノンイミグラント・ビザの場合より軽くなる。
 ④ 公開株式会社の取締役に就任する場合、タイ側に所属できる。
   小さいながらも100%自己資本でやりたいビジネスこそ、この恩恵が欲しいのですが・・・
 ⑤ 刑事事件の有罪判決を受けると、通常は強制的に国外退去となり、ブラックリストに載って再入国は望むべくもありませんが、永住権を持っていると、それがない。

 永住権の日本人の枠は年間100人です。入管手数料の19万バーツですが、ビザの更新・延長は1900バーツ/年ですから、100年分に相当します。 これでも永住権に興味あり?

 という「DACO」のロングステイ特集の記事です。
 申請要件や手続きはともかく、19万バーツは高いですね。更新手数料の100年分に相当するということは、事実上永住権は出さないといっているようなものですね。
 しかし、定年後もタイで働きたいという人にとっては、就労やビジネスというカテゴリーは気になるところです。 労働許可証(ワークパーミット)についても、近いうちに記事にしたいと思います。

|

« №264 ビザは日本で取るかタイで取るか | Main | 号外 アクセス数 30000件超える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/8072074

Listed below are links to weblogs that reference №265 今から永住権を取得する?:

« №264 ビザは日本で取るかタイで取るか | Main | 号外 アクセス数 30000件超える »