« №278 団塊の世代の村上春樹 | Main | №280 「サイアム・パラゴン」オープン »

January 26, 2006

№279 大渋滞のバンコク

 渋滞で動かないバスを降りて歩く
20051224_dscf0316
 
 道路が大渋滞することで有名なバンコクです。その悪い評判は、以前から世界中に知れ渡っています。 国民所得がまだ低く車の値段も高いと聞くタイで、「何でこんなに車が多いの?」というくらい、バンコクには多くの車が走っています。

 それでもBTSの開通で、時々滞在する程度の訪問者にとっては、それほど渋滞の被害を受けることはありませんでしたし、さらに2004年の地下鉄の開通で、バンコク市内の移動が便利になりました。その分、交通渋滞が緩和されたかというと案外そうでもないようです。

 昨年末のクリスマス時期の夕方、BTSプロンポン駅でS氏と待ち合わせをしました。わたしはBTSに乗りましたので問題はなかったのですが、車で移動中のS氏から夕方のラッシュアワーに巻き込まれていて30分ほど遅れそうだと連絡が入りました。まったく車が動かないというのです。
 そして30分後電話を入れてみると、先ほどからほとんど進んでいないということで、今度は待ち合わせ場所をBTSアソーク駅近くのタイムズ・スクウェアに変更しました。 アソーク方面から向かっているので少しでも早く会えるようにするためです。わたしは、ふたたびBTSに乗って一駅戻りました。

 ようやく会えたのは、待ち合わせ時間から1時間以上遅くなったPM7すぎでした。クリスマス時期も重なって大渋滞になったのだろうということでした。目の前に駅が見えていてもぜんぜん動かないので、近くの駐車場に入れることもままならなかったそうです。

 また、水上マーケット観光の帰りの高速道路でも大渋滞で、約1時間ほどバスが遅れました。乗用車よりもトレーラーやトラックなどの貨物車がバンコクに向かって集中していたようです。 日本でも師走は渋滞しますが、バンコクもクリスマスと年末は渋滞がひどくなるのでしょうかね。
 別の日にも観光地からの帰りにやはり渋滞で動かなくなったので、バスを降りて地下鉄の駅まで歩きました。

 市内中心部だけでなく、空港からの高速道路などでも渋滞します。バンコクの交通事情に慣れないわたしは、時間に余裕をもって出かけるようにしています。そして、トイレに行っておくことも忘れてはいけません。

|

« №278 団塊の世代の村上春樹 | Main | №280 「サイアム・パラゴン」オープン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/8279023

Listed below are links to weblogs that reference №279 大渋滞のバンコク:

« №278 団塊の世代の村上春樹 | Main | №280 「サイアム・パラゴン」オープン »