« №352 フリーペーパーの面白広告 | Main | №354 エクスプレス・ボートに乗る »

April 14, 2006

№353 トムヤムクン味のカップヌードル

     タイ語のパッケージ
20050407_dscf0938

 タイのスーパーにも、いろいろな種類のインスタント・ラーメンが並んでいます。その中でもタイ人の定番は、やはりトムヤムクン味のラーメンだそうです。普段インスタント・ラーメンをほとんど食べないのですが、トムヤムクン味のカップヌードルを一つ買って、帰国後試食してみました。

 スーパーの商品棚からトムヤムクン味のカップヌードルを見つけました。パッケージはタイ語で書かれていますが、日本の大手食品メーカーのもので、価格は11.25バーツ(約35円)です。
 フタを開けると、中には折りたたみ式のフォークとトムヤムスープの素が入っていました。確か日本で買うカップヌードルは、アイスクリームのスプーンみたいに別にフォークを貰うんではなかったかと思います。また、ペースト状のスープの素も別になっているんですね。所変わればカップヌードルも変わるということでしょうか。

 早速お湯を沸かして注ぎます。当然3分間と思いきや、なんと“1分”でいいと書いてあります。最近のカップヌードルは、たったの1分で食べられるんですね、すごい!
 1分後、より美味しく食べるために、自宅の庭から摘んできたパクチーを入れました。庭には何種類かのハーブを植えていまして、もちろんパクチー(コリアンダー)もあります。前年に落ちた種が自然に芽を出し成長してくれますので、時々摘んでは料理に使っているのです。とっても便利です。

 小さいながらもエビやねぎなどの具が入っています。一口食べてみると、しっかりとトムヤム味でなかなかスパイシーです。舌に“すっぱ辛い”刺激的な味が広がります。パクチーとの相性もバッチリです。
 食べるにつれて口の周りがピリピリし、鼻の頭や目の下のあたりから汗が出てきました。さすがタイバージョン、手抜きなしの味付けです。

 辛いもの好きのわたしは、しっかりと美味しくいただき完食しました。スパイシーさを証明するかのように、食べ終えたカップの内側は、唐辛子やスパイスで赤く染まっていました。
 麺の量は少なめですが、インスタントとはいえ本格派の味のカップヌードルでした。

|

« №352 フリーペーパーの面白広告 | Main | №354 エクスプレス・ボートに乗る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/9563929

Listed below are links to weblogs that reference №353 トムヤムクン味のカップヌードル:

« №352 フリーペーパーの面白広告 | Main | №354 エクスプレス・ボートに乗る »