« №397 タイのお墓事情 | Main | №399 退職後は大学で学ぶ パート2 »

May 29, 2006

№398 退職後は大学で学ぶ

       アユタヤにて
20050402_dscf0868

 社会人で大学や大学院に進学する人が増えているといいます。わたしもそのひとりです。またリタイア後、大学で勉強しているシニアもいます。そんな中、2006年5月19日の西日本新聞に「退職後は大学で学ぶ」という記事が載りました。

 生涯学習への関心が高まる中、より高いレベルの学びを求めて大学を目指す中高年が増えている。少子化による18歳人口の減少や「団塊の世代」の大量定年を見据え、大学側も受け入れに前向きだ。社会人の門戸は広がっており、シニア対象の特別枠を設ける大学も出始めた。
 
 兵庫県三木市の関西国際大学に今春、60歳以上を対象とする「シニア特別選考」に合格した10人が入学した。人間学部の池尾啓子さん(73)もそのひとり。週4日、大阪市内から2時間かけて通学している。
 高校卒業後、仕事を続けてきた池尾さんは、還暦を機にリタイアし、別の大学の通信教育で社会福祉を学んだ。この時てこずったのが英語。「せっかく勉強したのだから」と卒業後も英会話スクールやラジオの英会話で勉強を続け、ニュージーランドなどでロングステイも経験した。
 外国人と交流する面白さを感じ、次のロングステイを検討中、関西国際大のシニア枠を知った。「一度じっくり学んでみよう」と受験、3年生に編入した。池尾さんの目標は、外国人観光客のボランティアガイド。「日本の歴史や文化も学びたい。若い学生に『ケイコ!』と声を掛けられるのが楽しくて」と目を輝かせる。

 シニア特別選考は、面接などで学習意欲や目的意識を総合的に判断する。 浜名篤学長は「社会経験の豊かなシニア世代の学生がいると、若い学生や教員にも刺激になる。ここで学んだことをぜひ地域社会に還元して欲しい」と期待する。
 学部レベルのシニア枠を設けている大学は、関西国際大のほか、広島大学や長崎ウエスレアン大学などまだ数えるほどだが、大学側の関心も高い。

 社会人入学に関する情報提供を行っている大学入学情報図書館RENAの安井美鈴代表は、「幅広い視野で、体系的に学べるのが大学の魅力。仕事で経験したことを論文にまとめる人もいる。学校の雰囲気や授業内容が合っているか事前に知っておくことが大事で、単位だけを取得する科目等履修生から始めてみるのもいい」と話している。

 さて、大学はシニア特別選抜枠がないと受験できないわけではありません。一般の学生と一緒に受験すればいいのです。特に大学院は筆記試験だけが重視されるのではなく、何を研究したいのか、やりたいのか、明確な目的がはっきりしていることが一番大切です。 「行動するところに道は開かれます」。自分の関心のある分野やこれまでの経験、知識を生かして大学で学ぼうではありませんか。 決して遅すぎることはありません。 “思い立ったが吉日です”

|

« №397 タイのお墓事情 | Main | №399 退職後は大学で学ぶ パート2 »

Comments

私も関西国際大学の総合ビジネス学科の2年生で67歳で、池尾さんと学部は違いますが、シニア同志でよく集まり話し合っています。
昨年入学し6年で卒業しようと思っています。
(シニアは4年間と6年間が選択出来、大学を出て、再度勉強したい人は三年から編入し、2年と3年を選べる)
時には求めに応じ、教授まがいの講義も引き受けますが、実践経験豊富な知識や知恵は彼らにも『良い影響』が与えられればと、願っています。
URLはリンク、社員紹介、会長でご覧下さい。

Posted by: 長田 智剛 | May 05, 2007 at 08:18 AM

 1年前の記事にコメントするのは・・・。実はシニア学生の長田さんからこの連休(2007-5-4)に、「池尾さんの記事が載っているよ」とメールがあったものですから、早速拝見いたしました。
 こういう私は「シニアの寺子屋」の塾長?として、シニア学生のみなさんのお世話をさせていただいている「窪田@関西国際大学」です。
 私はシニアの最年長ですが、精神年齢は13歳の「じっちゃんボーイ」です。天文少年の夢いまだ覚めやらず「宇宙と脳」科学に関心があり、大学では、情報関係と「近未来の科学」を講義しています。
「我以外皆師」という座右の銘をもって、科学に関する最新情報はもちろん、何ごとにも興味を持っていますので、ご教示のほど、この場をお借りしてお願い申しあげます。

Posted by: 窪田 八洲洋 | May 05, 2007 at 09:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/10243880

Listed below are links to weblogs that reference №398 退職後は大学で学ぶ:

« №397 タイのお墓事情 | Main | №399 退職後は大学で学ぶ パート2 »