« №406 ロングステイはハードルが高い? | Main | №408 ロングステイの目的 »

June 07, 2006

№407 バンコクで韓国焼肉

    カルビは焼いてくれます
20051225_dscf0348

 バンコクでは世界各国の料理が食べられます。タイ料理はもちろんのこと、和食、中華、イタリアンにフレンチとレベルの高い料理が楽しめます。屋台やフードコートで手軽に食べる料理から、一流ホテルやレストランで出される高級料理まで、好きなものが選べますし味もあまり当たり外れがないようです。 その中でも日本語のフリーペーパーに広告がよく載っていて以前から気になっていたのが韓国料理です。

 昨年末、美味しいと評判の韓国料理店があるというので、ロングステイ・コンサルティング社の佐藤さんに案内していただきました。スクムビット通りソイ12のスクムビット・プラザにある「ガボレ」というちょっと変わった名前のレストランです。スクムビット・プラザのオーナーが韓国系の人らしく、このビルには多くの韓国料理店やコリアンのお店が入居しています。
 細長く奥行きのある店内は夕食時ということもあって満席状態で、2階に上がってようやくテーブルに着くことができました。お客さんのほとんどは、在バンコクのコリアンか韓国人観光客です。

 韓国料理といえばやはり焼肉でしょう。 「骨付きカルビ」(390バーツ、約1200円)とこの店オリジナルの「プルコギ」(300バーツ、約900円)を注文しました。 注文とは別に、キムチにカクテキ、チヂミ、塩辛など10種類以上の小皿が運ばれてきました。これは食べ放題ということで好きなだけ食べられます。
 ビールの肴にキムチをつまんでいると、骨付きカルビが運ばれてきて、お店の女性がテーブルに組み込まれたコンロで焼いてくれます。最初にスライスしたニンニクが入った小さな金属製の器をコンロの隅に置いて、キツネ色になるまで待ちます。
 次にコンロの真ん中で大きなカルビ肉を広げて焼き始め、お約束通りハサミでカルビ肉を手際よく切っていきます。程よく焼けたところで、胡麻やチシャの葉で包んで食べるわけですが、肉が柔らかくなかなかの味です。
 「ガボレ」特製のプルコギは韓国風スキ焼といった感じで、普通のプルコギ用の鍋ではなく周囲が縁取られた鉄板で焼くというよりも肉と野菜を煮ていきます。しっかりプルコギの出汁が染み込んだ肉と野菜をご飯と一緒に食べると最高です。

 この店の売りは、天然塩だけを使い、化学調味料を使用せず、できるだけ低農薬の野菜を使っていることだそうです。確かにキムチやカクテキなどの小皿料理の味付けもストレート自然な味ですし、胡麻やチシャの葉もみずみずしく新鮮です。
 ここがタイということを忘れてしまいそうな本格的な韓国料理でした。 “バンコクで韓国焼肉”、なかなかいいですよ。

|

« №406 ロングステイはハードルが高い? | Main | №408 ロングステイの目的 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/10372419

Listed below are links to weblogs that reference №407 バンコクで韓国焼肉:

« №406 ロングステイはハードルが高い? | Main | №408 ロングステイの目的 »