« №417 国内移住「団塊世代の就農期待」 | Main | №419 超少子高齢社会とNPOの可能性 »

June 18, 2006

№418 ローズガーデン

     タイの民族舞踊ショー
Img_0132

 ローズガーデンは、バンコクから国道4号線を南西に約30kmほど行ったところにある観光施設です。広大な敷地にはゴルフ場や宿泊施設もあるということですが、ローズガーデンといえばタイのカルチャーショーが見学できることで有名です。 1日1回14時30分から始まるこのカルチャーショーでは、タイ各地の舞踊や結婚式などの伝統儀式、タイ式ボクシングのムエタイのショーなど盛りだくさんの内容で、タイの文化に触れることができます。
 ローズガーデンへは、毎日バンコクから観光ツアーが出ていて、4時間半のコースの料金は800バーツ(約2400円)です。カルチャーショーがここのメインということで、バンコク出発は12時30分。ですから「お昼から半日何をしようかな」という時にはうってつけの観光地です。

 訪れたのは2005年の8月。バンコク周辺の主な観光地はある程度回ったことと、一度このカルチャーショーを見たくて行くことにしました。いつも利用するウェンディツアーの半日観光コースに参加しました。世界各国からの観光客を乗せたバスやワンボックスの車で駐車場は一杯です。やはり午後のカルチャーショーがお目当てなのです。

 数百人は入れるような大きな室内の会場でショーが演じられます。象に乗った僧侶の一行の入場に始まり、少々演出しすぎのムエタイの試合やタイの結婚式の様子などが次々に演じられます。やはり見所はタイ各地の民族舞踊でしょう。美しい民族衣装をまとった女性が音楽にのせて艶やかに踊ります。同じタイでもその地方で音楽や踊り、衣装までそれぞれ異なっているので、その違いを楽しみながら見るのも面白いものです。優雅な女性の舞だけでなくリズミカルなバンブーダンスもあり、いろいろな演目が繰り広げられます。

 ショーが終わると、第2部は屋外での象のショーになっていて、数頭の象が曲芸を披露します。よく仕込まれた象の芸に観光客は大喜びです。バンコク近郊で手軽に象のショーが楽しめますのでお勧めです。また別料金で象の背中に乗って園内を回ることもできます。

 ローズガーデンのカルチャーショーは、いかにも外国人観光客向けにショーアップされてはいますが、身近にタイの文化の一端に触れることができます。他にも蚕の繭から絹糸を紡ぐ手作業や野菜を美しく彫り上げるカービングの実演などを見学できるコーナーもあります。 その意味で、大人も子どももそれなりに楽しめる観光スポットといえるでしょう。

|

« №417 国内移住「団塊世代の就農期待」 | Main | №419 超少子高齢社会とNPOの可能性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/10534798

Listed below are links to weblogs that reference №418 ローズガーデン:

« №417 国内移住「団塊世代の就農期待」 | Main | №419 超少子高齢社会とNPOの可能性 »