« №425 イサーンの遺跡ツアー | Main | №427 イサーンの遺跡ツアー その3 »

June 26, 2006

№426 イサーンの遺跡ツアー その2

  ナコンラチャシマに向かって走る
20050330_dscf0640

その2 イサーンへの道
 早朝のバンコク市内を抜けて高速道路を北上します。ドンムアン空港をわずか20分で通過しました。天気にも恵まれ快適なドライブになりそうです。
 運転手の「エッ」さんが、J-POP(邦楽)のCDをかけてくれました。ふたりきりの車内なので、気をつかってくれたのでしょう。タイでも人気の「翼&タッキー」の「ヴィーナス」という曲です。ジャニーズ系はあまり好みではありませんが、その好意に感謝しつつ。 しかし、この時は2度とこの曲を聞きたくなくなるとは思いもしませんでした・・・

 バンコク郊外の工場群を抜け、7時半には国立のタマサート大学のキャンパス前を通過します。この辺りから朝の渋滞が始まりました。7時50分にアユタヤとの分岐点でしたので、かなり早い通過です。再びスムースな車の流れに戻って安心したせいもあり、眠気に誘われてひと眠りすることにしました。

 8時半に目が覚めるとセメント工場と、そしてようやく前方に山が見えてきて、なだらかな峠道を登り始めていました。国道2号線は片側3車線の立派な道路で、観光バス、トラックやトレーラーなど多くの車が行き交っています。
 だんだんと緑が多くなってきました。また、あちらこちらでゴールデンシャワーの花が満開に咲き誇り、その黄色と山の緑のコントラストが鮮やかです。他にも赤いブーゲンビリア、白やオレンジなど色とりどりの花が咲いていて、まさに花の季節を感じさせます。沿道にはフルーツを売る露店が立ち、ザボン、ドリアン、ジャックフルーツなどが並んでいます。
 運転席のスピードメーターは時速100㎞を指し、高速道路並みのスピードです。快適なドライブで、一路ナコンラチャシマ(コラート)を目指します。

 8時45分、タイでも大きな酪農場チョクチャイファームの前を通過しました。道路標識にナコンラチャシマの文字が見えます。 さあ、ここからいよいよイサーンです!

つづく

|

« №425 イサーンの遺跡ツアー | Main | №427 イサーンの遺跡ツアー その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/10645186

Listed below are links to weblogs that reference №426 イサーンの遺跡ツアー その2:

« №425 イサーンの遺跡ツアー | Main | №427 イサーンの遺跡ツアー その3 »