« №450 タイの国歌 | Main | №452 ウェンディーツアーのバス »

July 22, 2006

№451 タイロングステイの公式ハンドブック

     ピマーイ遺跡の彫刻
20060330_img_0753

 タイに関する情報収集の方法として、タイ国政府観光庁(TAT)の資料やホームページを活用すると便利です。
東京、大阪、福岡にオフィスがあり、TATの発行した公式資料がたくさん揃っています。タイ国内の観光地やロングステイの滞在地についての資料は、本屋さんの観光ガイドブックよりも詳しいデータといってもいいでしょう。

 その中でロングステイに関する「公式ハンドブック」が、2005年に発行されています。 コンパクトな作りながら、よくまとめられていて、ガイドブックの内容をPDFデータにしたCD-ROMまで付いています。
 主なコンテンツを紹介すると、まずロングステイをなさっている5組のインタビュー記事があります。実際の滞在の様子が分かりますので、参考になるのではないでしょうか。
 つぎにロングステイに関する情報です。主な滞在候補地や各種ビザの内容が詳しく説明されています。さらに生活費の目安から、住居や医療機関、食事・食材など具体的な生活情報が載っていますから、実際滞在した時に役立つことでしょう。

 第5章の「ロングステイで何ができる?」は、このガイドブックの特徴であり最も優れている点です。 たとえば、タイ国内旅行やゴルフをはじめ、絵画・陶芸、社交ダンスなどの趣味、タイ料理にカービング、タイ舞踊などタイ文化に触れることや語学やタイの大学で学ぶことまで、多彩なメニューが紹介されています。
それぞれについて、カルチャースクールや同好会の連絡先が書かれていますから、すぐに入会して同好の方と一緒に活動することができます。
「ロングステイしたいけど何をして過ごそうか」と方には、すごくいい役立ち情報ですね。本屋さんに並んでいる観光ガイドブックには書いていない内容です。

 巻末には地図と一緒に日本大使館などの政府機関や各県人会の連絡先、ホテル・サービスアパートメントの情報、ゴルフ場の案内等など、イエローページとして使えるコーナーがあり、最後には簡単なタイ語の会話集まであります。会話できなくてもタイ文字で書かれていますので、このハンドブックを見せれば通じるはずです。

 このようにロングステイのお役立ち情報満載の公式ハンドブックです。在庫があれば無料でいただけますので、ロングステイを検討されている方、お近くのタイ政府観光庁に問い合わせてみてください。

|

« №450 タイの国歌 | Main | №452 ウェンディーツアーのバス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/11022855

Listed below are links to weblogs that reference №451 タイロングステイの公式ハンドブック:

« №450 タイの国歌 | Main | №452 ウェンディーツアーのバス »