« №451 タイロングステイの公式ハンドブック | Main | №453 祝 アクセス数100000件! »

July 23, 2006

№452 ウェンディーツアーのバス

  ウェンディーツアーの観光バス
Img_0568

 バンコクやアユタヤ観光の際に利用するのが「ウェンディーツアー」の日本語観光ツアーです。他にもツアー会社は数社ありますが、まず豊富な観光コースが揃っていますし、何といっても観光後にお土産屋さんに連れて行かれないことが、ウェンディーツアーを利用する一番の理由です。

 2005年の12月にも、アユタヤとダムヌンサドアック水上マーケットのツアーに申し込みました。どちらのコースも早朝7時前に、中型の観光バスが集合場所に指定されている2,3ケ所のホテルに寄ってお客さんをピックアップしていきます。わたしたちのグループをはじめ冬休みということもあって家族連れが多く、全部で15人ほどのツアー客です。渋滞する前のバンコク市内を抜けて、それぞれの目的地へと向かいます。

 バスの車内でガイドさんの自己紹介と簡単なスケジュールの説明がありツアー料金の集金が済むと、日本のバスガイドさんのように車内での観光案内は特にありません。うるさくないといえばそれまでですが、さっぱりしたものです。もちろん質問すればきちんと答えてくれますが。
 静かになった車内は、いつもより早起きしたみなさんの睡眠時間となります。人数が少ないとワンボックスの車での移動になりますが、中型といえバスの乗り心地は快適なので、ぐっすりと眠れます。

 ダムヌンサドアック水上マーケットのツアーの帰り道、バンコクへの国道や高速道路はクリスマス前ということですごい大渋滞でした。年末までに荷物を運び終えようとトラックや貨物車で一杯です。目の前にバンコク市内の高層ビルやホテルが見えているのに、動かなくなると全く動かなくなります。歩いた方が早いくらいですが、高速道路ではどうしようもありません。バンコクの渋滞は世界的に有名ですが、それにしても悪い時期に参加したものです。

 高速道路で渋滞に巻き込まれる前、国道の検問で警察に停められました。運転手さんは、車検証を持って降りていき、警察に所で質問をされた上、書類を書かされています。「観光バスなのにどうして?」と思いましたが、結局違反切符を切られたようです。
 後で聞いてみると「バスのスモールライトの大きさが規定より大きい」というのが停められた理由のようでした。
別に改造しているわけでもなく、いつも走っているのにバスなのに、タイの警察は何か理由を付けては切符を切るのでしょうか。これまで検問を見かけたことはありましたが、停められたのは初めての経験でした。

 バンコク観光でバスに乗ったら、ぐっすり眠れることは保証しますが、時間の余裕を持って参加してください。渋滞は日常茶飯事ですから・・・

|

« №451 タイロングステイの公式ハンドブック | Main | №453 祝 アクセス数100000件! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/11022934

Listed below are links to weblogs that reference №452 ウェンディーツアーのバス:

« №451 タイロングステイの公式ハンドブック | Main | №453 祝 アクセス数100000件! »