« №489 トロピカーナの住人たち その3 | Main | №491 トロピカーナの住人たち その5 »

September 01, 2006

№490 トロピカーナの住人たち その4

    部屋から見える中庭の緑
20060807_dscf1154

その4
 アパート「トロピカーナ」の住人の話では「何もしないで生きる」ことは、ロングステイのよい所かもしれないとも言います。その意味では、ここの住人たちは“気ままな生活を楽しむ人たち”ともいえるでしょう。
 確かにロングステイには、そういう面もあるでしょうが、これまでわたしは「目的を持つことがロングステイを成功させる大きな要因」と言ってきましたし、またそう信じています。 しかし、ここの住人たちは具体的な目的がなくて「何もしないで生きる」というのでしょうか。素朴で基本的な疑問に行き当たりました。
 アパートを辞した後も、しばらくそのことを考えていたのですが、ひょっとすると「トロピカーナ」の住人たちにとっては「何もしないで生きること」が、ロングステイの目的なのかもしれないと気づきました。 「何もしないで生きる」ためにチェンマイにやって来て暮らしているのではないかという訳です。

 そうだとしても他の疑問が湧いてきます。たとえば、日本のしがらみや煩わしい人間関係から脱出してきたものの「チェンマイでの気ままな生活で今度は孤独にならないのだろうか。言い換えると、「人間関係のバランスをどのあたりで取るのだろうか」、また「自分らしさ(アイデンティティ)を維持できるのだろうか」といったような疑問です。
 
 人間は“社会的な生き物”だといいます。ひとりでは生きていけない、他者や社会とのつながりの中で生きていける存在なのです。そしてマズローによると、人間はまず生理的欲求や安全の欲求が満たされると、所属や愛情の欲求を志向し、さらには社会的承認や自己実現の欲求を希求する存在だと言っています。
 
 そう考えると「トロピカーナ」の住人たちは、今「自分さがし」や「生き方さがし」をしているところかもしれません。 これは仮説ですし、住民の方々からもそのようなことを意識した話はありませんでした。
 しかし、みなさん、それぞれ日本社会を脱出したかった、しなければならなかった理由があるはずです。日本での日常生活や煩わしい人間関係から離脱し、遠く離れたチェンマイで癒されたり、精神的なリハビリをしたり、「自分さがし・生き方さがし」の過程にあるのではないでしょうか。そして「自分らしさ」を取り戻した上で、「他者や社会とのつながり」を求めるようになるのではないでしょうか。

 その足がかりとして、ひとりでは生きていくのが物足りなかったり、所属の欲求を満たすために「トロピカーナ」に日本人ロングステイヤーが集まり、サロンに集っているように思われます。
 「トロピカーナ」のサロンには、その答えがあるようです。
 
つづく

|

« №489 トロピカーナの住人たち その3 | Main | №491 トロピカーナの住人たち その5 »

Comments

 アブラハム・マズローの欲求5階層説が出てきて、ようやくブログの意味する所が理解出来てきました。
 チェンマイで暮らす人の大部分は、生理的欲求(衣食住を満たしたい&愛情を含めて、楽しみたい欲求)の範疇であって、「トロピカーナ」の日本人の集団生活は親和の欲求(他人と関りたいなどの集団帰属の欲求)に当たると考えられます。そして自己実現の欲求(自分の能力,創造的活動や自己の成長を望む欲求)を完全に達成できる人、また、それを望んでチェンマイで暮らそうと思って来る人は極僅かだと思います。
 日本人は(特に優秀な人は)とかく、こういったマズローの上昇志向を「あるべきだ」と考えすぎで、だから心療内科が日本で儲かっているのではないかと思います。
 大方のタイ人のように、明日を深く考えず、マイペンライでサバーイ、サバーイがチェンマイでの暮らし方でよいと思います。
 チェンマイのロングステイを成功させるには、「何もしない」「何も考えない」生き方も大切かと私は思います。
 自己実現の為であれば、前出の山内さんのようなチェンマイで働く人(非ロングステイ)に限定して取材すべきだったと考えます。

Posted by: 読者 | September 01, 2006 at 11:29 PM

初めまして、突然の、メール、済みません。 

私は、大阪に、住んでいます。
楽天さんの、ブログで、日々あった事を、日記に、書いています。  

夕べ、日本を捨てた日本人と言うのを、テレビで見ました。 

感動したり、ショキングでもありと、大変興味を、持ちました。

済みません、不謹慎かも、知れませんね。 

私は、ちょっと、今、母の世話の事、自分自身、体の事とかで、あんまり、外出が、出来ません。 

でも、チェンマイは、いいところだと、聞いていました。 
もし宜しかったら、お友達に、なっていただけませんでしょうか?  

(御免なさい、お名前が、分かりませ、コンピューター関係の、お仕事を、されていた方なんですが)
よろしく、お願い致します。

Posted by: Hurukawa Hiriko | November 12, 2007 at 12:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/11680754

Listed below are links to weblogs that reference №490 トロピカーナの住人たち その4:

« №489 トロピカーナの住人たち その3 | Main | №491 トロピカーナの住人たち その5 »