« №509 道路沿いのガイヤーン屋台 | Main | №511 チェンマイ・ロングステイは独立独歩で その2 »

September 25, 2006

№510 チェンマイ・ロングステイは独立独歩で

   チェンマイ空港への着陸前
20060806_dscf1139_1
 
 シニアのロングステイ先として人気のチェンマイです。マスコミが盛んに取り上げることもその理由ですが、バンコクほど暑くなく、緑が多くて過ごしやすい。昔の日本を想い起こすような街の風情や物価の安さなども相俟って、チェンマイに滞在してみたいという声をよく聞きます。なるほどチェンマイの魅力は、このようにいくつも挙げることができます。

 しかし、本当にそうでしょうか? わたしはチェンマイでのロングステイに少なからず疑問を感じています。もし、チェンマイでのロングステイを希望されるのであれば、他人に頼らない自己責任での滞在の覚悟が必要だと考えます。他者に依存する生活スタイルではなく、 “独立独歩の生活ができるか否か”が、ロングステイの成否を大きく左右すると思うのです。これはロングステイ一般に言えることですが、とりわけチェンマイでは重要な要因です。

 なぜ“独立独歩”でないといけないのか、いくつか理由があります。
 まず、チェンマイの日本人社会は「ムラ社会」だということです。 以前(№472、473)にも書きましたが、小さなチェンマイの日本人社会では、お互いの悪口を言い合ったり、足を引っ張たりすることがあります。あるいは派閥を作ったりすることも。
 今時、日本の田舎にも存在しないような封建的なムラ社会が、チェンマイには存在しています。悪い面での日本社会の縮図を見る思いがします。小さな日本人社会であるがゆえに、濃厚な人間関係が成立しているようです。
 せっかく日本を離れての海外生活なのに、チェンマイのムラ社会の浸かり過ぎるのは、いかがなものかと思われます。

つづく

|

« №509 道路沿いのガイヤーン屋台 | Main | №511 チェンマイ・ロングステイは独立独歩で その2 »

Comments

住んだ経験もない人が、凄い書き込みですね。

>日本の田舎にも存在しないような封建的なムラ社会が...
日本のムラ社会は強制社会です。また、日本のムラ人の親切は貸借関係で成り立っています。
少なくともチェンマイには関わらない自由があります。アパートに日本人が固まり、あらぬ噂が飛び交っても、ロングステイヤ(非居住者)にはどうでもいいことでは?

まず、日本のムラにロングステイしてからブログを書いてくださいね。


Posted by: あらし | September 25, 2006 at 11:43 AM

最近住みついた人は同感していることと思います。

住まなくとも一目瞭然。

Posted by: 読者 | September 25, 2006 at 05:42 PM

住めば都、と言い、チェンマイに長期滞在している方にして見れば、チェンマイに否定的な内容が書かれると不愉快になるでしょうが、事実は事実として受け止めざるを得ないでしょうね。
管理人さんが書かれたことは、チェンマイに関心を持つ人間には、今や広く知られていることです。
バンコクのように街が広い場合は、人間関係が希薄化しやすく、独立独歩の生活を余儀なくされやすいですが、
チェンマイのような狭い街に多くの無職の人間が集中すると、自ずとムラ社会が形成されやすくなります。

Posted by: nsx | September 25, 2006 at 09:13 PM

2極の社会が出来ているように感じます。

Posted by: 読者 | September 25, 2006 at 11:35 PM

実際に、チェンマイに早い時期に定住なさり、ロングステイ関連の団体の代表の方にインタビューしましたが、その印象は非常に悪かったのを覚えています。
インタビューの主旨はロングステイの実情について知ることだったにもかかわらず、「これ以上日本人を増やすようなことはしないでくれ!」と不愉快そうに言われました。しかも、日本人の私が質問者として対話しているのに、同行したタイ人にタイ語でそう言いました。(私はタイ政府の通訳もしており、タイ語に関しては専門家なので、全部分かっているのですがね・・・。ご本人はご自分のタイ語力に格段の自信がおありの様子でした。)現役の頃バンコクの日本企業代表をしていたらしく、新たな縄張りでドンになったつもりなのでしょうか?「チェンマイはあなたの町ではありませんよ!」とお答え申し上げようかと思いましたが、私がどうのこうの言っても何も得るものもないので黙ってあきれていました。
現在、チェンマイでとても排他的な活動をしている団体・・・といえば、「あ、あれだ!」とピンと来る方も多いでしょう。こうゆう一部の「ムラ人」たちのせいで、次の世代の日本人にとって住んでみたいと思えるチェンマイの魅力が半減してしまうのは、あまりに残念ではないでしょうか?

Posted by: タイ・ロングステイ関係者 | November 06, 2009 at 01:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/11992065

Listed below are links to weblogs that reference №510 チェンマイ・ロングステイは独立独歩で:

« №509 道路沿いのガイヤーン屋台 | Main | №511 チェンマイ・ロングステイは独立独歩で その2 »