« №514 祝 新空港オープン! | Main | №516 日本の地域社会よりもロングステイという選択 »

October 02, 2006

№515 ルンピニーの観覧車

    夜空に浮かぶ観覧車
20060802_dscf1077

 ルンピニーのナイトバザールに大きな観覧車ができていて、この8月に乗ってきました。今年4月にはその場所は空き地で何もありませんでしたから、つい最近オープンしたのでしょうか。いつ工事していたんだろうというか、突然観覧車が回っているという印象です。

 地下鉄のルンピニー駅から地上に出ると目の前に、観覧車のゴンドラや鉄骨には明るい照明が灯り、暗い夜空に大きな円を描いています。 すぐそばにある屋外のビアガーデンでソムタムとハイネケンビールで夕食をとっていると、時折歓声が聞こえてきます。試しに乗ってみることにしました。
 この観覧車、フランス製のようです。料金は100バーツ(約300円)。最近日本で観覧車に乗っていないのでよく分かりませんが、ちょっと割高な気がします。

 日本の観覧車は、ゆっくり回っているゴンドラに乗り降りしますが、ここのはちょっと違います。観覧車が1回転する間に、時々止まっては3~4個ずつゴンドラの乗降をするのです。ですからゴンドラに乗りこんでも、最初の1回転目は動いては止まるの繰り返しです。なんだか調子が狂ってしまいます。最高点で止まると風でゴンドラが揺れるので、先ほどから高所恐怖症の人の悲鳴や歓声が聞こえていたのでしょう。
 1回転して下に降りて来て「もうおしまい?」と思うと、そのまま止まらずにまた上昇します。2回転目は外の景色をゆっくりと眺めることができました。それほど高くないといってもきれいな夜景が楽しめますし、上空を吹く風は涼しくて爽快です。
 結局4回転もしてくれました。最後の周回は、ぐっとスピードが上がりちょっとしたスリルを味わえます。日本の観覧車のように巨大ではないというのもあるでしょうが、何回か回るのがフランス式なのでしょう。

 まだオープンして間もないようなので、かなりの人気でした。バンコクの新しい観光スポットと言ってもいいでしょう。ビアガーデンでビールを飲んでナイトザールで買い物をするついでに、観覧車に乗ってみるのもなかなか面白い体験ですよ。

|

« №514 祝 新空港オープン! | Main | №516 日本の地域社会よりもロングステイという選択 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/12034275

Listed below are links to weblogs that reference №515 ルンピニーの観覧車:

« №514 祝 新空港オープン! | Main | №516 日本の地域社会よりもロングステイという選択 »