« №534 ロングステイの持つ機能とは その4 | Main | №536 タイ式コテージでのんびりと その2 »

October 30, 2006

№535 タイ式コテージでのんびりと

     タイ式コテージが並ぶ
20060804_dscf1104

 今年8月、バンコクから北西へバスで2時間余り、スパンブリー県にある「バーン・タイ・リゾート」に2泊しました。 国道から徒歩で10分くらい入り込んだ場所にあり、田園地帯が見渡せるタイ式のコテージホテルです。

 わざわざこんな片田舎のリゾートに行くかというと「何もしないで、ボーとする」ことが目的です。 タイの滞在中、しっかりスケジュールを入れていて、いつも慌しく動き回ります。日本と同じペースで行動するので、タイでのんびり過ごしたことは、ほとんどありません。また、普段何もせずに過ごす習慣がないので、たった2泊といっても本当に退屈せずに居られるのか、早く帰りたくなるのではと、行く前から少々不安な気持ちです。

 午後2時半に到着。でもフロントには誰もいません。さすがタイの田舎のリゾート、のんびりしています。フロントの前がオープンエアのレストランになっていて、その先には長閑な田園風景が開けています。またレストランの隣は大きなプールで、いかにもリゾートホテルの雰囲気です。
 ようやく買い物から帰ってきたフロント係のラモーンさん。チェックインして、2泊分の宿泊料2300バーツ(約6900円・朝食付き)を先払いします。平日だと1泊950バーツというプロモーション価格もあるようです。

 高床式のタイスタイルのコテージが約20棟ほど並んでいて、フロントに近いコテージに案内されました。部屋の下のコンクリートの土間には、切り出した大きな木を利用したテーブルと椅子があり、ハンモックも設えてあります。ハンモックは子どもの頃の憧れでしたから、ここで昼寝をしたら気持ちいいことでしょう。
 こじんまりしたコテージの階段を上がり室内へ。木製の床に竹を編んだ壁、室内はシックな色調で統一されていて、いかにもアジアチック。真っ白なカーテンとベッドのシーツがひと際清潔な印象です。
 エアコンは付いていますし、NHKは見られませんが小さなテレビと冷蔵庫もあります。毎日ミネラルウォーターが2本サービスされて、冷たいビールも飲めるので一安心。バスルームは広く、お湯もちゃんと出ますので大きなバスタブにゆっくりと浸かれそうです。これにドライヤーと歯ブラシがあれば言うことなしですけど・・・
 でも全体としては、シンプルですが好感の持てる落ち着いた部屋で、快適に過ごせそうです。

つづく

「バーン・タイ・リゾート」のHP
 http://www.buffalovillages.com/en/showbaan/th_resort_promote.htm

|

« №534 ロングステイの持つ機能とは その4 | Main | №536 タイ式コテージでのんびりと その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/12471868

Listed below are links to weblogs that reference №535 タイ式コテージでのんびりと:

« №534 ロングステイの持つ機能とは その4 | Main | №536 タイ式コテージでのんびりと その2 »