« №541 ひとりでアユタヤを歩く その4 | Main | №543 ひとりでアユタヤを歩く その5 »

November 09, 2006

№542 「味里」のランチ

    味里のちらし寿司定食
20060803_dscf1080

 バンコクには多くの日本食レストランがあることは、これまでも何度か書きました。今日はタニア通りにある「味里」のランチを紹介しましょう。場所はタニア・プラザの反対側にある屋台街を入ったビルの中です。
 贔屓にしているロングステイ・コンサルティング社の佐藤さんに、いつも案内してもらいます。佐藤さんいわく「味里」は京都で料理修行した日本人のご主人がオーナーで、味は数あるバンコクの日本食レストランの中でもトップクラスとのこと。
 
 1階はカウンターとテーブル席ですが、お昼時は日本人だけでなく、タイ人のビジネスマンなどで一杯です。2階には個室もありますので、ゆっくりできますし、夜はお酒も楽しめます。
 ランチには、刺身定食や天ぷら定食をはじめ多くのメニューが揃っていて、だいたい150~200バーツ(約450~600円)くらいです。庶民的なお店に比べると少々高めでしょうか。

 佐藤さんお勧めの「ちらし寿司定食(200バーツ)」を注文しました。たっぷりの錦糸卵がのったちらし寿司です。関西風らしく甘すぎずサッパリ目の味付けです。好感が持てます。これに刺身定食にそのまま出せるくらいの量の「刺身皿」が付きます。そのまま刺身で食べてよし、お寿司と一緒に食べるのもお好みで。
さらに小皿とお吸い物が付いていますから、ボリュームも申し分なしです。
 この日は、ご主人のご好意で「茶碗蒸し」をサービスしていただきました。お陰で贅沢なランチになって満腹です。

 京風の薄味が好きな方には、お勧めの和食処です。タニア通り近くに行かれた時には、一度味わってみてください。

|

« №541 ひとりでアユタヤを歩く その4 | Main | №543 ひとりでアユタヤを歩く その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/12592021

Listed below are links to weblogs that reference №542 「味里」のランチ:

« №541 ひとりでアユタヤを歩く その4 | Main | №543 ひとりでアユタヤを歩く その5 »