« №555 ソイ11のナイトスポット | Main | №557 チェンマイからロングステイ情報を発信 その2 »

November 30, 2006

№556 チェンマイからロングステイ情報を発信

      板垣トシオさん
20060807_dscf1157

 チェンマイからビザの取得などロングステイに関する詳しい情報をHPやブログで発信している板垣トシオさん(56歳の独身)。06年8月、チェンマイの日本人ロングステイヤーが多く住むアパートでお会いしました。

 チェンマイでロングステイ・ビザ(OAビザ)を取得してから3年3ヶ月の長期滞在になる板垣さん。日本ではコンピューター会社でシステム・エンジニアとして活躍していたが、深夜まで残業が続く毎日を送っていた。仕事のストレスや緊張感から酒を飲まないと眠られないほどの激務だったといいます。

 そんな時にできた会社の早期退職制度に応募して、チェンマイでロングステイを始めることにしたのです。日本では早期退職して何もしていないと、世間体や周りの目がうるさいので、日本のしがらみから脱出しようと思ったのが、ロングステイのきっかけでした。
 チェンマイへは8年前に休暇で旅行に来たことがあり、それ以来のタイ人の友人もいて馴染みがあったので、滞在地にしたそうです。東京の自宅はそのままにし、生命保険も海外で適用される契約だけを継続し、医療保険はタイで新規に契約することにしました。

 「日本で遣り残した仕事は何もない」。敗残兵ではなく、やることはやったという思いが強いので、チェンマイにやって来て精神的にずいぶん楽になったといいます。 「こちらに来て本当によかったです。お陰でいつも見ていた勤めていた会社の夢を見なくなりました。チェンマイの生活の方が、よっぽど人間らしい暮らしです。過労死してもおかしくない日本社会の方が異常ですよ」としみじみと語られました。
 ストレスがなくなって、無理に飲んでいたお酒の量も4分の1に減り、タイの居酒屋バービアで楽しみながらお酒を飲めるようになったといいます。そして「先のことはどうなるか分からないが、用事があるとき以外は帰国するつもりはない」というのが、現在の心境だそうです。

つづく

|

« №555 ソイ11のナイトスポット | Main | №557 チェンマイからロングステイ情報を発信 その2 »

Comments

>チェンマイでロングステイ・ビザ(OAビザ)を取得してから3年3ヶ月の長期滞在になる板垣さん。

堅苦しい話になりますが、正確に言うと、
日本で取得するロングステイビザ(OAビザ)は1年間のマルチビザ、
タイ国内で取得するリタイヤメントビザは、O-Aではなく、「O」ビザです。シングルビザなので、出入国される場合は、リアエントリービザを別途取得する必要があります。

板垣氏の場合は、東京のタイ大使館でロングステイビザを取得したと、本人のHPに書いてあります。
チェンマイで取得ではなく、延長手続きをしたということでしょう。

ご承知の通り、日本のタイ公館で取得するロングステイビザの場合、無犯罪証明書や健康診断書、かつ公証人役場や外務省での認証手続きなど、呆れるくらいの時間と費用が要求されます。

ところが、現在では、タイ国内で簡単にリタイヤメントビザが取得できるようになり、いい時代になりました。

Posted by: City | December 03, 2006 at 06:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/12868548

Listed below are links to weblogs that reference №556 チェンマイからロングステイ情報を発信:

« №555 ソイ11のナイトスポット | Main | №557 チェンマイからロングステイ情報を発信 その2 »