« №585 チェンマイ郊外のリゾートホテル | Main | №587 団塊の世代 地域デビュー »

January 15, 2007

№586 バーツ高 続く

      BTSナナ駅界隈
20051226_dscf0377_1

 昨年から続くバーツ高です。年明け12日の東京マーケットでは、1バーツ3.46円まで高騰しています。日本円は米ドルに対して120~121円と最近、円安傾向になっていますが、それでもバーツは突出しています。長くバーツは2.7~2.8円という水準が続いていましたので、2割以上もレートが悪くなっている訳です。これでは1万円を両替しても、3000バーツにもなりません。短期間しか滞在しないわたしでも、為替レートは気になります。

 新聞報道(朝日 06.1.06)によると、バーツ高の傾向はまだ続きそうです。
 タイ中央銀行のタリサ・ワタナゲート総裁は、ドルに対して1年間に17%の急激なバーツ高が進んだ背景について「低金利のもとで膨らんだグローバルマネーが、米国経済の減速と貿易の不均衡を嫌ってアジアに向かっている」と指摘。管理相場制を続ける中国や香港、シンガポールではなく、変動相場制で比較的、市場相場が小さいタイが絶好の投機の対象になっている、と語った。
 そのため、昨年12月にタイに流入する投機マネー対して厳しい資本規制策を発表しましたが、株式市場の暴落を招いたのは記憶に新しいところです。

 タイ在住やロングステイヤーの方は、どのような防衛策を取っていらっしゃるのでしょうか? ロングステイをされている方にとっては、為替レートの変動は、毎月の生活費や滞在費を左右する大きな問題です。ましてや2割も両替後のバーツが目減りしてしまうと大変なことです。「タイは物価が安い」とばかり言っていられません。
 わたしは現地事情に詳しい方に教えていただいた、BTSナナ駅近くの両替商で両替しています。一般の銀行よりもかなり為替レートが良いようです。この春には訪タイしたいと思いますが、そろそろバーツ高にもストップがかかって欲しいものです。

|

« №585 チェンマイ郊外のリゾートホテル | Main | №587 団塊の世代 地域デビュー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/13485418

Listed below are links to weblogs that reference №586 バーツ高 続く:

» [なるほど]
鍼とは鍼(はり)、鍼治療(はりちりょう)は、主に中国医学やその影響を受けた伝統医学(チベット医学... [Read More]

Tracked on January 24, 2007 at 01:36 PM

« №585 チェンマイ郊外のリゾートホテル | Main | №587 団塊の世代 地域デビュー »