« №594 団塊、帰郷足踏み | Main | №596 ドイステープ山 一周ドライブ その2 »

January 30, 2007

№595 ドイステープ山 一周ドライブ

 展望台からSamoeng Forestを望む
20060809_dscf1198

 06年8月、チェンマイでロングステイをなさっているHさんご夫妻の案内で、ドイステープ山を一周するドライブに出掛けました。チェンマイ市内から国道1269号線を走って、ぐるりとドイステープ山を回り、1096号線をMae Rim Valleyに沿って下り、メーリムを経由してチェンマイへ戻ってくるコースです。
 
 市街地から国道108号の大きな道路をしばらく南に走り、1269号線へ右折して西へ。この辺りから郊外の風景が徐々に山の景色へと変わり、それにつれて道路もカーブを描き出し、少しずつ登り勾配になっていきます。
 Hさんの運転で快適なドライブです。天気にも恵まれて周囲の山々の緑も一層色鮮やかです。だんだんと山深くなっていき、チェンマイ市街からみるとドイステープ山の反対側へと回り込んで行きます。

 このあたりの国道沿いには、いくつかの素敵なリゾートホテルが点在しています。 「Bell Villa Resort」 (№585にて紹介)もそのひとつです。休憩を兼ねて「Bell Villa Resort」に立ち寄りました。2階のカフェで緑の濃い周囲の山々を眺めながら、お茶をしました。開け放った大きな窓から吹き込んでくる風が心地よく、このようなリゾートで一度のんびり滞在したいものですね。

 さらに走ると、展望台がありました。標高1000m以上と、このドライブコースの最高地点のようです。屋根付きの展望台からは、西側にどこまでも広がる山々を望むことができ、高山の涼しい風が吹き渡っていきます。「Samoeng Forest」という標識がありました。うっそうとした森は、この先のサムン(Samoeng)の町まで続いているのでしょう。
 見渡す限り、深い森です。山と山が幾重にも重なり合い、空の端を切り取りながら稜線を描いています。森の木々は緑というよりも“碧く”見えます。木から出る精気のせいなのでしょうか、まさに青山です。
 白い雲を浮かべた夏空は、はるかメーホンソンに、そしてその先はミャンマーへとつながっています。そんなことを思わせる雄大な景色です。 

つづく

|

« №594 団塊、帰郷足踏み | Main | №596 ドイステープ山 一周ドライブ その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/13703600

Listed below are links to weblogs that reference №595 ドイステープ山 一周ドライブ:

« №594 団塊、帰郷足踏み | Main | №596 ドイステープ山 一周ドライブ その2 »