« №599 チェンマイはロングステイに向いている? その2 | Main | №601 中国の旧正月 春節 »

February 06, 2007

№600 連載600回を迎える

     早朝のワット・アルン
03032409dscf0042

 本日、ブログの連載が600回を迎えました。500回が昨年9月11日でしたから、約5ヶ月要したことになります。500回をひとつの区切りにして、連載を不定期にさせていただいたので、少々時間が掛かってしまいました。
 それでもありがたいことに、毎日500件前後のアクセスをいただき、少しずつ増えています。その意味では、多くの読者の方に支えられていると言っても過言ではありません。あらためて深く御礼申し上げます。

 最近のアクセスの状況を見ると、ひとり当たりのアクセス数が増加しているようです。新しい読者の方が過去のブログをまとめて読んだり、これまでの読者の方も関心のあるカテゴリーを読み返したりしていただいているのではないかと思います。
 また、昨年11月からはYahoo!JAPANのセカンドライフというコーナーにも掲載されていますので、こちらも一度どうぞ。
 http://secondlife.yahoo.co.jp/life/supporter/article/b1000148_00188.html

 早いもので、このブログも今年4月にスタートして丸2年になります。2年から3年を次の目標にして、毎日少しずつ記事を書いていきたいと思います。それには新しい情報が欠かせませんので、そろそろ取材の計画を立てているところです。遅くても3月までには訪タイする予定です。
 これまではバンコク・チェンマイを中心にタイ国内を移動していましたが、今回はカンボジア・アンコールワットに行ってみようと思います。初めてのアンコールワットです。せっかくいつもバンコクまで行っているのに、近隣諸国には行ったことがありません。バンコクを拠点にすると、手軽にアジア各国の周遊を楽しむことができるのです。その手初めてにアンコールワットにしました。また、バンコクでも日本人ロングステイヤーの方にインタビューする予定ですので、帰国後あらためて報告します。

 では、これからもご愛読のほど、よろしくお願いいたします。まずは御礼まで。

|

« №599 チェンマイはロングステイに向いている? その2 | Main | №601 中国の旧正月 春節 »

Comments

連載600回本当におめでとうございます。そしてお疲れ様でした。シェムリアップにも多数の日本人が住んでいらっしゃるようですので、記事を楽しみにお待ちしております。

Posted by: サトウヒデノリ | February 06, 2007 at 09:59 AM

私が毎日楽しみに見ているブログが3つありますがその一つが本ブログです、マレーシアに赴任していた時タイはたびたび訪問していましたので懐かしく読ませてもらっています。
読むだけで申し訳ありませんが今後も楽しみにしています。

Posted by: モトシカル | February 06, 2007 at 08:22 PM

次回の訪タイの折には、カンボジアのアンコールワットへお出かけになるようですが、単なる観光に留まらず、
できましたら、彼の地・シエムリアップのロングステイ事情もレポートして頂けると幸いです。
もう少し足を延ばして、プノンペン・ロングステイ事情もレポート頂ければ・・・・

ロングステイ先として、タイのフィールドワークはある程度終了したと推測されますので、
次回以降は、マレーシア(かなりの日本人ステイヤーがおられるようです)、ベトナム、インドネシアの調査にまで進んで頂けると申し分ありませんね。
観光なら、隣りの親日国ミャンマーもはずすわけには行きません。

勝手な希望を申し上げましたが、引き続き、ブログの継続・発展を期待しております。

Posted by: City | February 08, 2007 at 03:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/13782837

Listed below are links to weblogs that reference №600 連載600回を迎える:

« №599 チェンマイはロングステイに向いている? その2 | Main | №601 中国の旧正月 春節 »