« №607 太宰府の飛梅 | Main | №609 「ムアンタイ」 »

February 19, 2007

№608 冬は寒いタイ

  冬のチェンマイで見かけた親子 
Img_0696

 節分を過ぎたとはいえ、まだまだ寒い日が多い2月です。この記事を書いている18日も、福岡は小雨が降る寒い一日になっています。今週22日からタイへ出発しますが、冬のタイは意外に寒かったことを思い出しました。

 05年12月、クリスマスのバンコクは寒く最高気温が23度でした。もちろん最低気温は20度以下。街を行くタイ人は、ジャンバーやマフラーを身に着けて、みんな冬の服装です。わたしはというと、長袖シャツとウインドブレーカーしか持っていってなくて、薄着のため少々寒い目に遭いました。タイは暑いという先入観があると、戸惑うとともに余計に寒さが堪えるものです。

 そのせいか、翌日からお腹の調子がよくありません。日本から持参の薬で良くなったものの、チェンマイに入ってからまた不調になりました。泊まったゲストハウスが寒くて、寝冷えをしてしまったのです。朝の気温は16度ほど、毛布一枚ではさすがに寒い。その上、南京虫に刺されて踏んだり蹴ったりの経験でした。暖房が入るはずもなく、冬のゲストハウスは勧めません。チェンマイ滞在中は、ずっと長袖を離せずに過ごしました。

 タイへ行く場合、日本が夏であればそのギャップは小さく服装の心配はありませんが、逆に冬であれば服装の準備に悩むところです。冬は“熱帯のタイ”をイメージしてはいけません。油断するとお腹をこわしたり風邪を引くことにもなります。長袖を多めに持って行き、夜は長袖のシャツを重ね着して眠るくらいの方がいいようです。

 さて現地からの情報によると、この時期暑季に向かって少しずつ暑くなっているようなので、今回は大丈夫だとは思いますが、準備だけは怠りなく行くことにします。

|

« №607 太宰府の飛梅 | Main | №609 「ムアンタイ」 »

Comments

チェンマイは不明ですが、バンコクは夏のように暑いです。
昨年末から今年の冬ですが、1週間ほど涼しい時もありましたが、例年に比べて熱いです。
現在は最低気温25度、最高気温38度くらいです。
夜間は涼しいものの(安眠できます)、日中は暑い、熱い!

Posted by: City | February 19, 2007 at 07:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/13952469

Listed below are links to weblogs that reference №608 冬は寒いタイ:

» 湯たんぽ [cafe dairy]
湯たんぽは日本で用いられる暖房器具の一つです。陶器・金属、あるいはプラスチック製の容器に湯を注ぎ栓をし、布団などに入れ主に足に当てて暖をとります。その歴史は古く中国では唐の時代からあったものが室町時代に日本に入ったとされています。栃木県日光市の輪王寺に、徳川綱吉が使用したという犬型の湯たんぽが伝わっています。古くは陶器製が主で、金属製のものが現れたのは大正期以降。戦時中は金属が貴重となったため、再び陶器製のものが使われるようになった。現在ではプラス... [Read More]

Tracked on February 19, 2007 at 07:31 PM

« №607 太宰府の飛梅 | Main | №609 「ムアンタイ」 »