« №608 冬は寒いタイ | Main | №610 バンコク・アンコールワットへ »

February 20, 2007

№609 「ムアンタイ」

   ワット・プラケオのキンナリー
03032411dscf0049

 タイ国政府観光庁(TAT)が発行する広報誌「ムアンタイ」の紹介です。ムアンタイは2ヶ月毎に発行されるニュースペーパーで、タイ語で“タイ国”という意味だそうです。07年2月で第47号を迎えています。
 TATからいろいろな資料をいただくのですが、実は第47号を読むまで「ムアンタイ」の存在を恥ずかしながら知りませんでした。4ページの紙面ですが、読んでみるとなかなか読み応えがあります。

 最新号のトップは「日タイ修好120周年」の記事です。今年が1887年に日本とタイとの間に正式な外交関係が結ばれてから120年目に当たるため、特集が組まれています。先日、ブログにこの記事を引用させてもらいました。
 2ページには、スワンナプーム新空港の「利用ガイド 到着編」があり、慣れない新空港で戸惑わないよう分かりやすい解説がなされています。そして「日本の食材で作るタイ料理」では、日本にある身近な食材を使って手軽に作れるタイ料理が紹介されています。タイの代表的なサラダ「ソムタム」は、青パパイヤが手に入りにくいのでニンジンで代用して作れます。ニンジンで作ったソムタムを食べたことがありますが、美味しいものです。

 なかでも面白かったのが「タイで見かける神話に生き物たち」という記事です。バーツ紙幣にも描かれている天空の守り神「ガルーダ」や半人半鳥の生き物「キンナリーとキンノーン」などが詳しく紹介されています。キンナリーが女性形で、一方のキンノーンは男性形だそうです。スワンナプーム空港からハイウェイに入るとキンナリーが出迎えてくれるということなので、今度見落とさないようにします。

 タイ国政府観光庁のホームページからも、ムアンタイの記事を読むことができます。バックナンバーも揃っていますので、こちらからご覧になってください。
 http://www.thailandtravel.or.jp/new.html#060713

|

« №608 冬は寒いタイ | Main | №610 バンコク・アンコールワットへ »

Comments

なるほど。青パパイヤの変わりににんじんを使えばいいんですね。参考になります。情報ありがとうございます。
タイ料理、大好きなんですが、スパイスや調味料が手に入らず、大変です。

Posted by: Kaz | February 21, 2007 at 12:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/13940676

Listed below are links to weblogs that reference №609 「ムアンタイ」:

» タイ料理編 ソムタムクン パパイヤのサラダ [あおぞら]
タイでとってもよく食べられるこのパパイヤのサラダ。 今は横浜でも400円くらいで手に入るらしい。(けど、うちの近所のスーパーにはないけどさ・・・) まず、にんじんとパパイヤをタイのピーラーで削ります。 このピーラーは日本ではお目にかかったことがないような気がする・・・ 削るときに、波状になった歯から、細く削れるようになっている。 ■結構時間がかかるので、気長にやろう ■このサラダを作るの... [Read More]

Tracked on February 21, 2007 at 12:27 AM

« №608 冬は寒いタイ | Main | №610 バンコク・アンコールワットへ »