« №631 ロングステイから見たシェムリアップ 続編 | Main | №633 エコノミークラスでも使えるラウンジ »

March 28, 2007

№632 ロングステイから見たシェムリアップ 続編

  朝の通勤ラッシュ 国道6号線
20070223_dscf1362

パート2
3.停電について
 大手ホテルでは、停電対策として自家発電(バッテリー)を使っています。うちの会社でも、デスクトップPC用に小さいバッテリーを使っている人もいます(そのへんの電気屋ですぐ買えます)。シェムリアップでは停電は日常茶飯事ですが、長時間のものは半年に1~2度でしょうか。殆どは数分で復旧します。

4.住居について
 シェムリアップに1件だけ外国人用コンドミニアムがあります。場所は今回管理人が滞在したアンコールホテルから西へ2~300mくらいのところ。ただ欧米人ばかりで日本人はいません。このコンドミニアムに私の知り合いの知り合いが住んでいて、どの部屋に住んでいるかは不明ですが、800$/月だそうです。セキュリティもしっかりしているようです。
 www.angkoroasis.com

 ☆ HPを見ましたが、プール付きの高級ホテルのような立派なコンドミニアムですね。間取り図を見るとバスタブはないようですが。

 一戸建てですが、今現在は2~300万円も出せば、それなりの新築が建ちます。土地も値上がりの傾向はあるけど、まだ空きが多いし、日本人にとってはそれほど高い金額ではないと思います。
 土地については、外国人の登記は認められていません。住居は大丈夫のようです。外国人が土地を買う場合は、信頼できるカンボジア人に名義を借りて買う場合が多いようです。不動産屋も増えてきています。
 www.angkorrealestate.com 

 ☆ 不動産屋のHP、若干読みづらいものの日本語の表示があって、賃貸や売り物件など写真付きで載っています。

 住居の賃貸については、1年、3年、5年などの契約があるそうです。その期間によって前金が変わります(3年は3か月分とか)。途中で引っ越す場合は、罰金が発生するそうです。
 
 最後に、シェムリアップは発展途上で、日本と同等の施設や快適さを求めるにはかなり厳しいですが、それなりに面白い街ではあると思います。

 urikoさん、貴重なシェムリアップの生活情報を提供していただきまして、ありがとうございました。感謝!

Uriko's Happy Go Lucky
 http://blog.goo.ne.jp/happy_uriko

|

« №631 ロングステイから見たシェムリアップ 続編 | Main | №633 エコノミークラスでも使えるラウンジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/14361225

Listed below are links to weblogs that reference №632 ロングステイから見たシェムリアップ 続編:

« №631 ロングステイから見たシェムリアップ 続編 | Main | №633 エコノミークラスでも使えるラウンジ »