« №679 赤土ホコリの道路 | Main | №681 これまで近くて遠かったカンボジア »

June 17, 2007

№680 バンコクでチキンライス

  バンコクで食べたチキンライス
20070227_dscf1468

 バンコクでの夕食というと、いつも同じようなレストランやフードコートなどで食べてしまうので、新鮮味がないというのが最近の状況です。たまには新規開拓をしようとインターネットで評判のいいタイ料理店に行ってみることにしました。
 スクンビットのソイ39、探してみましたがお目当てのレストランは見つかりません。移転したのか閉店になったのか、あきらめてエンポリウム近くの中華レストランへ。ところがこれも見つけることができませんでした(後日場所は分かったのですが)。

 どうしたものかと近所をうろうろしていると、ソイ24と26との間の路地に「シンガポールのチキンライス」の看板を発見。バンコクでシンガポールの名物料理のチキンライスもないかと思いつつも、思い切って飛び込んでみることにしました。お客は誰もいません。不安がよぎりますが、歩き回ってお腹が減っているので仕方ありません。
 まずは「チキンライス」(35バーツ、約120円)を注文し、定番の「空心菜炒め」「卵の炒め物」を追加しました。 「シンガポールのチキンライス」は、日本のチキンライスとはまったく別物で、茹でたチキンを冷やして切り分け、鶏のスープで炊いたライスと一緒に食べる料理です。

 シンハビールを飲んでいると、間もなく「チキンライス」が出てきました。きれいに盛り付けられたチキンとライスにパクチーが添えられています。醤油タレがかかったチキンは柔らかくサッパリしていて美味です。キツネ色に炊き込まれたライスの方も鶏のうま味がよくしみ込んでいます。パラッとした食感のライスはチキンとよく合って、これにパクチーを一緒に食べると、もう最高です! パクチー好きのわたしは、パクチーのお替りをお願いしました。たっぷり目にパクチーに思わずニッコリです。
 「空心菜炒め」と「卵の炒め物」(この卵料理は残念ながらハズレでした)を間に挟みながら、しっかりと満腹になりました。会計は全部で212バーツ(約750円)とリーズナブル。店の名前は確認できなかったのですが、「シンガポールのチキンライス」の看板を目当てに、また食べに行くことにします。

|

« №679 赤土ホコリの道路 | Main | №681 これまで近くて遠かったカンボジア »

Comments

どこでもあるカオマンガイでよいのでは?

Posted by: ys | September 07, 2007 at 02:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/15430034

Listed below are links to weblogs that reference №680 バンコクでチキンライス:

« №679 赤土ホコリの道路 | Main | №681 これまで近くて遠かったカンボジア »