« №681 これまで近くて遠かったカンボジア | Main | №683 ボランティアで生活にメリハリ その2 »

June 20, 2007

№682 ボランティアで生活にメリハリ

  タイ様式のジムトンプソンの家
03032611dscf0010
 
 タイでのロングステイの目的は、人それぞれですし色々あります。ゴルフや趣味を楽しだり、のんびり過ごしたりするのもいいでしょう。しかしそれだけでは物足りない、生活にメリハリを、あるいはタイ社会に役に立つことをしたいという思いでボランティアを希望する方も多いのではないでしょうか。これまで何度も紹介しているシニア男性も、日本語教師のボランティアで生き生きとしたロングステイを実践していらっしゃいます。

 調べてみるとタイで活動している財団法人や各種団体などが、日本人のボランティアを募集しているようです。たとえば「ジムトンプソンの家」や「バンコク国立博物館」などには、案内ガイドをするタイ在住の日本人ボランティアがいます。フリーペーパーやホームページには、ガイドのボランティアについての詳しい内容や案内の曜日・時間などが掲載されています。

 本格的なボランティアをするには、公認の財団法人のメンバーになることや、活動に長期間しかも定期的に参加できるといった条件があるでしょうし、なによりボランティア活動を目的としたボランティア・ビザが必要になります。 「ビザがなくてもボランティアであれば、どんな種類のものでもOKだと勘違いしている人が多い」とロングステイ・コンサルティング社の佐藤さん。それにタイ社会でのボランティアはタイ語が必須ですから、どうしても日本語でできるボランティア活動に限定されることが多くなるでしょう。一般的なロングステイヤーの場合、短期間でもできるものやイベントなどのお手伝いが中心になるかと思います。

つづく

|

« №681 これまで近くて遠かったカンボジア | Main | №683 ボランティアで生活にメリハリ その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84814/15487799

Listed below are links to weblogs that reference №682 ボランティアで生活にメリハリ:

» セカンドライフ 海外ロングステイ 候補地! [バンドン インドネシアの魅力]
海外ロングステイといえば、ハワイや、オーストラリアなどが人気ですが、 それらの国はある意味、現実的ではない・・・という声も多々耳にします。 最近では、物価の安さやリタイアメント・ビザの制度があることを重視し マレーシアやタイ、フィリピンなどのアジアも注目されています。 人により、住みたい場所は様々でしょうが、土地と水が合うところをチョイスする事が とても大切な気がしますね。 インドネシアバンドンも、候補地として注目されていますのでご紹介致します。 ALL..... [Read More]

Tracked on June 20, 2007 at 12:52 PM

» 本や文字に関わるボランティアと福祉施設でのボランティア [ボランティアの活動には海外や介護、環境ボランティアなど募集センターで国際協力!]
雑誌・小説・活字の世界はイメージを膨らます事が出来、テレビやラジオでは味わえない... [Read More]

Tracked on July 14, 2007 at 04:27 AM

« №681 これまで近くて遠かったカンボジア | Main | №683 ボランティアで生活にメリハリ その2 »