« №692 追い山とともに梅雨が明ける | Main | №694 不安材料は病気や言葉 »

July 08, 2007

№693 Thon Krueng レストラン

  タイ舞踊 昨年のタイフェアにて
20060908_dscf1244

 タイ料理レストラン「Thon Krueng(トン・クルアン)」、07年8月西日本新聞の永田さんに案内していただきました。バンコク駐在が長い永田さんお勧めのレストランです。もちろんわたしは初めてですが、在住の日本人にとってはお馴染みのお店のようです。
 場所はBTSトンロー駅からスクンビットのソイ55(ソイ・トンロー)をしばらく走ったところ。夜暗くなって車で移動
しましたので、そこがどこなのか分かりませんでしたが、同店でもらった名刺を後日調べてみて初めて分かった次第。夜は特に駅から歩けるような近場のレストランしか行きませんので、現地事情に詳しい方から教えていただくお店は、新鮮ですしありがたいことです。
 お洒落なオープンエアのテーブル席もありますが、冷房の効いた室内へ。室内はどちらかというと家庭的な雰囲気、地元のお客さんでほぼ満席です。

 永田さんにお勧めの料理をお任せしました。 「白身魚と野菜の青胡椒炒め」「ココナッツ風味の鳥のトムヤムスープ(多分トム・カー・ガイ)」「ソムタム(青パパイヤサラダ)」「カオニャオ(蒸したもち米)」、これにシンハビール3本ほど。インターネットでは“まろやかな味付けで日本人好み”と紹介されていましたが、「白身魚と野菜の青胡椒炒め」は、かなりの辛さで本格派です。どの料理も美味しく満足しました。これで600数十バーツと、値段もリーズナブル。 
 車でないと不便な場所ではありますが、また行ってみたいタイ料理レストランです。

 ところで話が盛り上がり料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。すみません。なお同レストランのHPがあるようですが「ぐるなび海外版」にも紹介されています。
 http://www.gnavi.co.jp/world/asia/bangkok/8113027/?sonet

|

« №692 追い山とともに梅雨が明ける | Main | №694 不安材料は病気や言葉 »

Comments

本文の説明では、場所がどこにあるのか不明なので、正確に書いて見ましょう。

●THON KRUENGレストランは、バンコクの高級住宅街であるソイトンロー(SOI55)にあります。
住所は、ソイトンローの中ほど、SOI13です。

BTSトンロー駅から、ソイトンローに入り、1kmの所です。
BTSで下車後、ソイトンローに入ると、7-11の先に、赤バスが停車していますので乗車下さい。6Bです。
Soi13のホームプレイスビル前で下車すると、すぐです。

●このSoi13を奥に300m進むと、有名な「日本村」レストラン街があります。寅次郎、魚昌など多数。日本人駐在員のオアシスです。

●また、Soi13の先200mには、有名な「J-AVENYE」があります。菜の花、ミンミン、大戸屋などが入居していて、ハイソなタイ人で一杯です。

Posted by: City | July 08, 2007 at 11:21 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №692 追い山とともに梅雨が明ける | Main | №694 不安材料は病気や言葉 »