« №709 マンゴ・スウィング パート2 | Main | №711 シェムリアップのコンビニ »

August 09, 2007

№710 タイ・ロングステイ 5年目を迎えて

    澤井夫妻 ご自宅にて 
04072712dscf0004

 02年11月からバンコクでのロングステイを始めて5年目を迎える澤井勇(69歳)さん・理恵子(65歳)さん夫妻に、07年2月久しぶりにお会いして近況を伺いました。フジスーパー近くのコンドミニアム(1LDK,70㎡)が、バンコクでの住まいです。

 お二人にとってタイ語教室に通うのが、日課になっている。06年の夏、日本人ロングステイヤーのグループ「暮らしの会」のタイ語教室で勉強した後、現在は「ソーソート(泰日経済振興協会)」主催のタイ語講座を、週1回受講している。「タイ語で日常会話ができたらいいな」というのがきっかけとか。しかし、単語はともかく文章となると難しいし、タイ人と話す機会が少ないこともあって、なかなか物にならないそうです。コミュニケーションを取るだけならば、英語の方がいいかもしれないと思う反面、教室に通うことで日常生活に張りがあるとおっしゃいます。 
 タイ語の教室は週1回ですが、毎月のように日本からの来客があるので、結構忙しい毎日を過ごしている。また「暮らしの会」の仲間と温泉などへの日帰りや1泊旅行も楽しんでいるとか。

 健康面では、これまでに大病はなく歯やアレルギーの治療を受けたくらいで、特に不安はない。昨年、勇さんはエカマイのスクンビット病院でCT検査などの人間ドック(1万バーツ)を受診し、今年は奥さんも受診を予定しています。ロングステイを始めて一度も帰国していないので、日本の国民健康保険には加入していません。そのため病院で治療を受ける場合は実費になるそうです。
 生活費は年金で賄っていますが、最近のバーツ高の影響を受けて、毎月3万円ほど目減りしているとか。今のところ、何とかやっているものの、年金でロングステイしている人の多くは困っているのではと心配されます。

 5年目を迎えるバンコクでのロングステイを振り返り、「日本を離れて失ったものがあるかもしれない。それに大阪の自宅はそのままにしていて気がかりなこともありますが、タイに来たからこその経験をしました。それはタイでの新しい方との出会いや巡り合いで、私の“人生の財産”になっています。日本にいたままだったら、きっと経験できなかったでしょう」と理恵子さん。そして「人と人とのつながりで、自分が変わり成長できました。充実した生き方によって、今後の人生の可能性も広がりました」。生活環境を変えることで、自分の人生の可能性を伸ばすことができたといいます。
 日本の日常生活を離れ、海外でのロングステイ体験や出会いを通して、これまでになかった新しい視点や価値観が生まれてくる。そして改めて自分の生き方や人生を見つめ直しているのです。

 新しい生き方をタイ・ロングステイによって切り拓いてきた理恵子さん、日本に帰りたいという気持ちは起きないといいます。当初の計画通り、10年間を一区切りにタイに滞在する予定とか。ロングステイを継続するか、帰国するかを10年経った時点で考えるとのこと。ちょうど半分に差し掛かったところですが、最後に「タイ語の勉強も含めて背伸びせずに、焦らずゆっくりと過ごしたい」と笑顔で話しをされました。 
 
 なお、№152~154にも澤井夫妻の記事を載せています。 

|

« №709 マンゴ・スウィング パート2 | Main | №711 シェムリアップのコンビニ »

Comments

いつも楽しく拝見しています、初めてお便りいたします。

ロングステーに興味を持って10年住む家は盤谷にあるんですが、
まだ日本で仕事もあり、ずるずるしています。

嫁さんはタイ生まれで私も東南アジアの生活が長いので何の苦労も
なく住むことができると簡単に考えています。

嫁さんは日本でタイからの観光客の面倒を時々見ています。
この道20年ですので皆様のお友達が日本に見えたときご案内
できればと思います。 またロングステイを見据えた現地体験ツアー
とかもお手伝いできたら光栄です。

私の専門は無線ですが、総合旅行管理者の資格も持っています。
お便りをお待ちしております。

Posted by: 五月女 昭  | August 16, 2007 at 09:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №709 マンゴ・スウィング パート2 | Main | №711 シェムリアップのコンビニ »