« №712 バンコク最終日の過ごし方 | Main | №714 バンコクエアウェイズ 福岡支店開設 »

August 15, 2007

№713 クロマーは必需品

クロマーをお洒落に巻いたソープアンさん
Wbc_2006224_025

 クロマーとは、赤や青をベースに白のラインが入ったチェック柄がお洒落なカンボジア式スカーフのことです。コットン製で吸湿性がよいのが特長で、強烈な陽射しやあのひどい土ホコリを除けるために首や頭に巻いたり、腰巻(サロン)にしたり、あるいはタオル代わりに使ったりと、何にでも使える優れものです。カンボジアの人たちにとってはなくてはならない生活必需品と言ってもいいでしょう。
 巻き方もいろいろで、首にマフラー風にしたり、頭から首へと巻いてその上に帽子を被ったりと自分好みのファッションが楽しめます。帽子代わりに「姉さん被り」のように頭にぐるりと巻いている女性を見かけましたが、これは中年女性の一般的な巻き方のようです。

 アンコールワットを案内してくれたガイドの「ソープアン」さんもクロマーを首に巻いてやってきました。その上長袖の上着を着ています。しっかり巻かれたクロマーを見て、さぞかし暑かろうと尋ねてみると、意外にも「コットンなので通気性がよくて、蒸れませんよ」とのこと。汗を吸ってくれるだけでなく、刺すような直射日光から後頭部を守って日射病を防ぐ役目も果たしているのだと、炎天下の遺跡を歩いてみるとすぐに分かりました。
 もちろん、わたしも帽子を被っているものの、強烈な太陽に首筋がチリチリと焼かれていき、ポロシャツの襟を立てて日光を遮らないと堪りません。つまり暑いからこそ身に着けるのが、クロマーなのです。

 実用性に優れ、デザイン的にもお洒落なチェック柄のクロマーは、カンボジアのお土産としても最適です。夏場の日除け用のスカーフとして、またテーブルクロスとしても使えますので、女性に喜ばれることでしょう。よそ行き用にシルク製のクロマーもあります。
 クロマーはシェムリアップ市内のオールドマーケットをはじめ、各遺跡のお土産屋さんでも買うことができます。普通1枚1米ドルが相場の価格ですが、たくさん買うと枚数をおまけしてくれたり、価格交渉も可能です。アンコールワットに行ったら、自分好みの素敵な柄のクロマーを見つけてください。

|

« №712 バンコク最終日の過ごし方 | Main | №714 バンコクエアウェイズ 福岡支店開設 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №712 バンコク最終日の過ごし方 | Main | №714 バンコクエアウェイズ 福岡支店開設 »