« №719 「アマゾン・アンコール」レストラン | Main | №721 ひとりで贅沢な遺跡めぐり »

August 28, 2007

№720 ベトナム・ホーチミンへ

バンコク・エアウェイズ 福岡空港にて
20070222_dscf1320

 今日28日からベトナム・ホーチミンとバンコクへ出発します。8日間の日程で9月4日に帰国予定です。この時期のタイ・ベトナムは雨季後半に入り、例年より雨が多いと聞いていますが、猛暑日が続き残暑が厳しい福岡に比べると、少しは過ごしやすいのではないかと期待しています。

 前回アンコール・ワット観光をしたのに味を占めて、今度はベトナム・ホーチミンへ行ってみることにしました。初めてのベトナムです。アンコール・ワットのような有名な観光スポットがある訳ではありませんが、ベトナムの空気を吸って風に吹かれてこようかと思います。できればメコンの流れも眺めたいものです。タイとは違うベトナムを感じられたら、それでOKです。
 ご承知の通りベトナムはカンボジアと同様、シニアのロングステイ・ビザがなくタイのようなロングステイヤーの方は少数のようですから、残念ながら具体的な情報は得られていません。

 利用するのは、前回快適なフライトだったバンコク・エアウェイズ。まずホーチミンまで行き、帰りにバンコクでストップ・オーバーします。バンコク・ホーチミン間が週3便しかないため、チケットが取れなくて大変でしたが、チケット代は47000円と格安。タイ国際航空と比べると同じルートで2万円も安いのです。また逆のルートでベトナム航空を利用する手もありますが、ホーチミンでの接続が悪くて同日中のトランジットができないのが難点です。総合点でバンコク・エアウェイズに軍配が上がります。

 同社のバンコク・福岡線への参入によって、これまで直行便を独占していたタイ国際航空といい意味で競争になっていて、チケット代が値下がりしています。利用者にとって適正な競争でサービスの向上とリーズナブルなチケット代になることは、大歓迎です!
 サービスがよく、チケットも安いバンコク・エアウェイズ。就航当初は搭乗率が低かったのものの、そのサービスの良さで口コミや一度搭乗した方がリピーターとなって搭乗率も上昇中とか。休航にならずに乗客が増えて現在の週3便が増便になると、さらに行きやすくなるのですが。期待したいところです。

 バンコクでは旧知の方との再会もありますので、帰国後ゆっくりと報告させていただきます。では行ってきます。

|

« №719 「アマゾン・アンコール」レストラン | Main | №721 ひとりで贅沢な遺跡めぐり »

Comments

●ベトナムへ行かれるそうですが、ホーチミンだけなのでしょうか?
ベトナムは、北と南で、街並みから人々の顔つきまで、大きく異なります。
時間が許せば、ハノイ、フエ、ニャチャン、ダラートあたりには、是非足を運んで頂きたいものです。
ベトナムは、鉄道が発達していて、旅行がしやすく、またツアー会社が充実していて、東南アジアでは、最も旅行がし易い国です。

●メコン川ですが、ホーチミン市内を流れるメコン川は単なるドブ川です。やはり車で5時間のカントーまで行かないと、メコン川の雄大性は味わえません。(ミトーでは駄目です)
カントーの街から見るメコンは、まるで海のようで、恐怖感さえ覚えるほどです。

Posted by: City | August 28, 2007 10:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №719 「アマゾン・アンコール」レストラン | Main | №721 ひとりで贅沢な遺跡めぐり »