« №724 ベトナムから帰国しました | Main | №726 ベトナム・スウィーツ「チェー」 »

September 06, 2007

№725 トゥクトゥクで空港へ

   夕暮れの国道6号線を走る
20070224_dscf1383


 わずか2日間のアンコール遺跡観光を終えて、夕刻ホテルからシェムリアップ空港へ向かいます。滞在中タクシーは見かけませんでした。利用するのはトゥクトゥクです。2日前に到着した時は、夜それも初めてのカンボジアということもあって、現地の旅行社に空港への迎えをお願いしましたが、帰りはトゥクトゥクに乗ってみることにしました。

 カンボジアのトゥクトゥクはミゼットのようなタイのそれとは異なり、小さなバイクの後ろに2人か4人乗りの屋根付きの座席を取り付けただけの簡単な乗り物。人力車かリヤカーをミニバイクが引っ張っている感じといった印象です。シェムリアップではバイクタクシーとともに主要な交通機関になっていて、チャーターして遺跡めぐりをするのにも利用されています。

 ドアボーイにホテルの出入り口で待機しているトゥクトゥクを呼んでもらうと、料金は5米ドルとのこと。空港まで3米ドルくらいと聞いていたので値段交渉をして4米ドルで交渉成立です。 
 足元に載せた大きなスーツケースを動かないように片手で押さえ、もう片方の手は手すりをつまえて走り出します。赤い車体に赤いシート、屋根は簡素なビニール張りです。トラブル防止のために着用が義務付けられたナンバー入りのジャケットを着た運転手さん、夕焼けの国道6号線を走ります。それほどのスピードではありませんが、爽やかな風を体一杯に受けて気分は最高、なかなか快適な乗り心地です。
 陽が傾き西の空が赤く染まっていくのに従って、沿道のホテルや家々は次第に色を失いモノトーンのシルエットとなって茜空を切り取っています。6号線から右折するとユーカリの並木道に変わり、空港までまっすぐに延びています。
 約15分で空港に到着。

 また来よう!アンコール・ワット。

|

« №724 ベトナムから帰国しました | Main | №726 ベトナム・スウィーツ「チェー」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №724 ベトナムから帰国しました | Main | №726 ベトナム・スウィーツ「チェー」 »