« №762 タイのB級映画 | Main | №764 ベトナムビール「333」 »

November 09, 2007

№763 ホーチミンへのフライト

    大きく蛇行するメコン?
Dscf1705

 07年8月28日、福岡からバンコクで乗り換えてホーチミンへ。16:30発のバンコクエアウェイズ・PG939便に乗り込みます。機材はB717、原型はマクドネル・ダグラス社MD95で、ボーイング社が同社を買収したことに伴い機種名が変更になったようです。
 約80%の搭乗率で、日本人はほとんどいません。大半がタイ人とベトナム人、それと白人です。福岡から搭乗したA320に比べると、座席は狭くて窮屈、特に前席との間隔がないので膝が当たります。近距離用の機材なので止むを得ません。
 機内に案内されてからわずか5分後の16:25、もうというか、あっさりと機体が動き出しました。その早さに驚きです。誘導路を移動中、窓から滑走路の補修工事をやっているのが見えます。開港早々に問題になった例の滑走路の欠陥箇所でしょうか?

 16:34離陸。雲と霞がかかってしまって、上空からあまり視界が利きません。間もなく機内食のサービスが始まりました。メインはポークのバジル煮、肉が硬いものの味はまあまあ。これにアッサリ味の玉子炒飯がセットになっています。付け合せのカットしたポテトのサラダは冷たくて、豆のピクルスの酸っぱさが、いい感じです。飲み物は同社の定番ビアチャーンです。

 17:00、カンボジア上空に差しかかり、左手に広大なトンレサップ湖が、かすかに望めます。雨季で面積が大きくなっているのでしょう、とにかく大きい。そして湖の周囲には、緑の大地が広がっています。
 17:13、雲間からメコン川か、その支流でしょうか、大きな河が見えます。赤茶色に濁った流れは川幅が広く、まるで大蛇のように大きくうねっています。洪水なのか、トンレサップ湖へ逆流した水なのか、周囲の土地は水浸し。そこら中、沼地のようです。

 17:22、次第に高度を下げ始めます。間もなく入道雲に突入。ホーチミンはスコールかもしれません。また別の曲がりくねった河が、幾重にも折り重なって流れています。

 暗くなりつつある夕暮れのホーチミン市街地が見えてきました。すっかり高度が下がって、道路にはバイクが溢れているのが分かります。もうすぐ着陸です。
 17:43、タンソンニャット国際空港に無事着陸。滑走路は雨に濡れていますが、すでにスコールは上がっているようです。タイとの時差はありません。1時間余りの快適なフライトでした。

|

« №762 タイのB級映画 | Main | №764 ベトナムビール「333」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №762 タイのB級映画 | Main | №764 ベトナムビール「333」 »