« №777 天草移住、まず旅から | Main | №779 健在!BTSのジンクス »

December 04, 2007

№778 タイで人生リニューアル(再生)の旅

チャオプラヤ・エクスプレス・ボートから
20070227_dscf1453

 「何か新しいことをやってみたい、今までの自分を変えてみたい」と思っているシニアの方たちがいます。定年を迎えて「ようやく長年の会社や仕事中心の生活から解放されたのだ。これからが自分の人生、自分のしたいこと、やってみたいことを自由な時間を使って取り組みたい」あるいは「会社・組織に縛られずに、第二の人生を自分らしく生きたい」と思うのは自然なことです。ところが「どうしたらよいのか分からないとか、でも変えられない」という人たちが、多いのも現実なのです。

 それはなぜでしょうか? 日本の日常生活の中では、いつもの決まった思考や行動パターンをなかなか切り替えられるものではないからではないでしょうか。それが仕事や会社生活を通して染み付いた習慣であり、生活そのものなのです。あるいは周囲の目や世間体、そして自分に対する評価などを気にして、変えにくいこともあるでしょう。このように長年にわたって形成され、蓄積されてきた思考や行動パターンを、どこかで切り替えてあげる必要があります。
 
 そこで“心のスイッチ”を切り替えるための装置が、海外のロングステイというわけです。自ら変われないのであれば、先に外の生活環境から変えていこうという試みです。これまでの思考や行動パターンをなかなか切り替えられなくても、生活環境を変えることはできるでしょう。
 ロングステイは、保守的で新しいことにチャレンジするのに消極的な人でも、自分を取り巻く環境そのものを入れ替えてしまうことで、これまでの物の考え方や価値観をがらりと変えてしまう可能性を秘めています。つまり海外で暮らすことによって、日本社会との関係や日常生活から一旦遮断され、また気になる周囲の評価などから解放されることで、これらの外的要因の下に隠れていた自分らしさを表層に浮かび上がらせることができるという可能性です。これまでの型にはまった考え方、生き方から脱却し、自分らしさを取り戻すよいチャンスが、ロングステイともいえます。

 ロングステイによって、従来の思考・行動パターンを切り替えるための環境を整え、自分を拘束してきたしがらみや価値観をリセットし白紙に戻して、まっさらなキャンバスの上に自分らしい生き方や新しい人生を描くことも、決して不可能なことではありません。

|

« №777 天草移住、まず旅から | Main | №779 健在!BTSのジンクス »

Comments

>ロングステイは、保守的で新しいことにチャレンジするのに消極的な人でも・・・
 「A型人間的な硬直的な生き方から早く頭をほぐしたい」ということならタイは良いです。でも、タイでなくても良いです。 
 変わるとうい意味が「自己革新とか自己研鑽が生活環境の変化によって受動的にもたらされる」との発想であればタイはふさわしくないかも知れません。タイの場合は、タイ人の生活環境の方が、日本人の生活環境に合うように年々変わって来てくれてますから。イラクやアフガンなんかどうでしょう(笑)。
 ロングステイは「目的」では無く「状態」をいうので、多分、此処でのトロピカーナの紹介がロングステイそのものだと思いますし、生き方は百人百様と思います。
 ロングステイしてても何も踏み出せない人、逆に「何もしない」ことに耐えられない人、必要以上に「人生の目的」を見いだそうとする人は多分挫折しますし、残念ながらロングステイするだけで生き方・価値観・行動力が受動的に変えられるということは無いと思います。
 ロングステイ変化説は妄想か?はたまた仮説が是とすれば+αは何か、これが管理人さんの研究テーマなので頑張ってください。

Posted by: タイ・ロングステイヤ | December 04, 2007 at 11:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №777 天草移住、まず旅から | Main | №779 健在!BTSのジンクス »