« №786 タニヤ・プラザはゴルファーのメッカ | Main | №788 ナナのシーフード屋台村 »

December 21, 2007

№787 やっぱりか空港からのタクシー

  スワンナプーム空港の出発口
Dscf1930

 いつもちょっとしたトラブルがあるのが、バンコクのタクシーです。これまでも何度かブログに掲載しましたが、とりわけ空港からのタクシーは毎回といってもいいくらい。07年8月もやっぱり空港からのタクシーで起きました。

 ホーチミンからスワンナプーム空港に到着し、順番待ちの長い列に並んでやっとタクシーに乗ったのが夜の9時20分。乗車整理券の半券を運転手に渡すと、バンコク市内まで「400バーツ」と要求してきました。みなさんもご存知の通り、普通タクシー料金は300バーツあれば十分です。
 即拒否し、カウンターに戻って車を替えてくれるように言うと、運転手に話をした配車係りが「メーター料金で行くから、同じタクシーに乗ってくれ」とのこと。再びスーツケースを載せて、同じタクシーに乗り込みました。
 しかし、スクンビット通りの宿泊先ホテルを告げても、ちゃんとした返事もせずに不機嫌そのものです。高速道路を走る間中も無言で、車内は重い空気が漂ったままでした。
 スクンビット通りまで、メーター料金が175バーツに空港発のチャージ50バーツと高速代65バーツを加えて合計290バーツ。料金を受け取る時も運転手の機嫌が悪く、最後まで嫌な思いをしました。

 きっと400バーツと言われて「そんなものか」と思って、そのまま乗ってしまう日本人が多いのでしょう。長い待ち時間で儲かりたい運転手の気持ちも分からないではないですが、タイ入国早々嫌な気分になってしまうのは困りものです。
 今回の滞在中、他のタクシーでもトラブルがありましたが、それはまた別の機会にということで。

|

« №786 タニヤ・プラザはゴルファーのメッカ | Main | №788 ナナのシーフード屋台村 »

Comments

スワンナプーム空港のタクシーでは、タクシーの運転手だけでなく、乗車整理係の方までもが、「市内までは400B」と言ってくる時があります。

日本円にすれば、たった1,300円ですから、日本でのタクシー料金(空港⇒市内が1万円以上)を考えれば、目くじらを立てるほどのことはないかも知れません。

不愉快な気分になりたくなければ、到着ロビー(2F)からエレベーターで出発階(4F)に上がって、お客を送迎してきたタクシーに乗り込めばいいだけです。

4Fからタクシーに乗車するのはルール違反である、と言う方もおりますが、2Fでの一律パック料金から自己防衛するには止むを得ないでしょう。

4Fでタクシーに乗車する際は、客待ちしているタクシーではなく、お客を送迎して来たタクシーに乗り込むのがベターです。
タクシー側も、帰りを空で帰らずにすむので、満面の笑みです。

Posted by: City | December 21, 2007 at 09:40 AM

タイのタクシーは遠距離ほど割安になります
400B請求の心の論拠はその辺りにあるのでは・・・

同じ400Bでも正規のメーターとチップをきちんと分けて支払うのが原則だと思っています。

心貧しい日本人が増えているのですねぇ。
たかが350円程度で自己防衛と称してルール無視

当該の運転手とレベルは一緒
迷惑だし何か悲しい・・・・

Posted by: ys | December 21, 2007 at 06:24 PM

今日嫁さんは、バンコクに出かけました、NW の深夜に到着する便です。
 
タイ人でもタクシーは怖いらしいです。 もちろんタイ語ネーティブなんですが。  
前回は深夜の高速でパンク相当怖かったみたいでやむなく兄貴に電話して迎えにきてもらいます。

私も28日にバンコクに出かけます。今からどうしようかと悩んでいます。

●どなたかアドバイスお願いします。

仕事で出張の時には会社の車が迎えにきてくれるのでマイペンライですが、安全をお金で買えればいいのですが、
でも アジア各国比較してバンコクはまだいいほうではないのでしょうか?

お正月に日本人がたくさん押しかけます。カモねぎにならないよう、事故にあわないように自己防衛しましょう。

<結論> 4Fから乗ることにします。タクシー側も、帰りを空で帰らずにすむので、満面の笑みのようですから。

あまり値切ってジャカルタで大型鞄を持っていかれた人もいました、言葉が出来てもあまりがんがん言わないように。
微笑みの国で楽しくすごしましょう。

メリークリスマス

キンコン 

Posted by: KINKON | December 22, 2007 at 09:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №786 タニヤ・プラザはゴルファーのメッカ | Main | №788 ナナのシーフード屋台村 »