« №787 やっぱりか空港からのタクシー | Main | №789 聖母マリア教会 »

December 23, 2007

№788 ナナのシーフード屋台村

   庶民的なシーフード屋台村
20070228_dscf1485

 バンコク滞在の最終日の夜、宿泊先のスイスパーク・ホテル近くで夕食をとることにしました。しかし、いつも泊っている割にはホテル周辺の手軽なレストランを知りません。
 そこでBTSナナ駅周辺、ソイ5だったでしょうか賑やかな通りを歩いていると、バーやパブレストランが立ち並ぶ一角にシーフードの屋台村を発見しました。屋根付きのオープンエアのフードコートで天井には扇風機が回り、テーブルの多くは欧米人で埋まっています。6軒並んでいる屋台のメニューと料理の写真を見て回って、美味しそうな屋台に決めました。

 注文したのは「シーフードの春雨サラダ(ヤム・ウンセン)」「エビ炒飯」「空心菜の炒め物」の3品、これで260バーツ(約900円)です。ビールは左側にあるカウンターでシンハ・ビア(100バーツ)を購入します。
 氷入りのビールを飲んでいると、テーブルに料理が運ばれてきました。「エビ炒飯」にはライムを搾り、青唐辛子入りのナンプラーを少しかけていただきます。サッパリした味付けでまあまあです。定番の「空心菜の炒め物」は、しっかり野菜を食べると、なぜか心もホッとします。

 メインは「シーフードの春雨サラダ」、春雨にエビ・イカがたっぷりです。トマトにオニオン、パプリカ、パセリなどの野菜、これに生の唐辛子もかなり入っています。エビとイカがプリプリでなかなかの美味。
 間違わないように唐辛子を避けながら食べますが、相当な辛さで次第に舌先が痺れてきました。辛さに強いわたしでもマジで辛い! ソムタムどころではありません。屋台村内は少し蒸し暑く、団扇で涼みながら食べますが、辛さのため額から汗が吹き出します。それでも何とか完食。最後は口の周りまで痺れてしまいました。

 タイらしい雰囲気のシーフード屋台村、面白いスポットです。ナナ周辺で食事の際には一度どうぞ。

|

« №787 やっぱりか空港からのタクシー | Main | №789 聖母マリア教会 »

Comments

正確に言うと、ソイ5(フードランドやフォーチュナホテル、日本カラオケ多数あり)ではなく、ソイ7でしょうか?

このオープンレストランの値段は、屋台にしてはやや高いですが、外国人向けとしては許容範囲でしょう。

ナナ駅周辺は、バンコクでも有数の、夜の女性のメッカですが、このレストランにも、外国人男性とタイ人女性のインスタントカップルが多く、潔癖症の日本人女性には不向きな場所かも知れません。

これらのタイ人女性は、レストランの斜め向かい側にある「ビアガーデン」(知る人ぞ知る援助交際スポット、管理人さんのような真面目な方には無縁でしょうが・・・・)から連れ出されたものが多いようです。

http://map-yoasobiclub-anna.com/map_main.html

Posted by: city | December 23, 2007 at 12:16 PM

アドレスを間違えました。
管理人さん
下記アドレスと差し替え願います。

http://map.yoasobiclub-anna.com/map_main.html

Posted by: city | December 23, 2007 at 12:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №787 やっぱりか空港からのタクシー | Main | №789 聖母マリア教会 »