« №790 異なるドンの両替レート | Main | №792 リコンファームは一苦労 »

December 28, 2007

№791 ベンタイン市場の活気

  コーヒー屋さんの若いソンさん
Dscf1724


 ホーチミン到着の翌朝、ホテルからほど近く多くの観光客も訪れるベンタイン市場に行ってみました。市場前のロータリーは、まだ8時過ぎだというのに、南国の太陽を受けて湿気を含んだ熱気と、バイクの洪水のような喧騒とが、いかにもベトナムを感じさせます。それにしても暑い! 
 以前から一度経験したかったベトナム名物のバイクの洪水を渡ってみることに。バイクや車の流れの隙間をくぐり抜け、慌てずにゆっくりとロータリーまで渡り終えました。なかなかスリリングな体験です。戻ろうとして、じっと立ち止まっていると、すぐにバイクタクシーがやって来て「1時間3万ドンでどうだ?」をしつこく声を掛けてきますが、無視して市場へ。

 魚や肉、野菜にフルーツなどの生鮮食料品から雑貨、サンダル、衣料品、そして食堂街まで揃っている市場です。まず有名なベトナムコーヒーのよい香りに誘われて、お店をのぞいてみました。20種類ほどのコーヒー豆が並んでいます。ベトナムは、コーヒー豆の生産高がブラジルに次いで世界第2位とか。
 店番のベトナム女性ソンさんに薦められたブルーマウンテンをお土産に買いました。500gで14万ドンをまけてもらって12万ドンに。若い女性相手にそうそう値切り倒す訳にもいきません。20米ドル紙幣で支払うと13米ドルのお釣り、つまり7ドル(約840円)ということです。あまりコーヒーを飲まない私としては、高いのか安いのか、よく分かりませんが、ブルーマウンテン・コーヒーのお土産が二人分買えたのなら安いものです。

 次に衣料品のエリアを歩いていると、やり手風の中年おばちゃんに捕まってしまいました。ラルフローレンのポロシャツやアディダスのTシャツをしつこく勧めてきます。2点で29ドルを25ドル、20ドルと値下げしてきます。どうも偽物のようなので、立ち去ろうとしますが、わたしの腕をしっかりと掴んで離しません。いつの間にか、もう一人体格のいいおばちゃんまで出てきて、いよいよ囲まれてしまいました。
 仕方なく逃げ出す口実に「じゃ、10ドル!」と言うと、なんと「OK」と返ってきました。いったい適正な値段はいくらだったのでしょうか? まあしっかりした仕立てだし、息子のお土産になるので、ここは騙されたと思って買うことにしました。というより買わされたというのが、正しい表現です。
 読者のみなさま。南門近くの衣料品店で、それらしきおばちゃんを見かけたら、決して近づかないことです。タダでは帰れませんから。

 暑い中、これから歩いて観光して回ろうというのに、デイバックの中はずっしりと重たく肩に食い込みます。「後悔先に立たず」とは、このことかと思いつつ市場を後にしました。

|

« №790 異なるドンの両替レート | Main | №792 リコンファームは一苦労 »

Comments

えっ ベトナムでブルーマウンテン???(笑)
お土産で貰った人も苦笑いかも

ジャマイカから輸入しているかもしれませんが・・・・

ところでロングスティ関連はもう終了ですか?
ロングスティに向かないと断定されていた場所の
旅行記が続いているので

Posted by: ys | December 28, 2007 at 08:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №790 異なるドンの両替レート | Main | №792 リコンファームは一苦労 »