« №812 ベトナム・ドンしか使えないタクシー | Main | №814 深夜便の眠り方 »

February 09, 2008

№813 ベトナム雑貨に思うこと

 カラフルでかわいいベトナム雑貨
Dscf1841

 近年、日本の旅行誌や女性雑誌にたびたび特集が組まれ、若い女性に人気の「ベトナム雑貨」。プチパリと呼ばれるホーチミン、メインストリートのドンコイ通りには、お洒落なバッグや陶器をはじめ、フレンチ・テイストの薫りのするベトナム雑貨を扱うショップやブティックが集まり、いくつもの買い物袋を下げてショッピングする若い日本女性をよく見かけます。
 雑貨を目当てにベトナムにやってくる旅行者も多く、かわいいサンダルやハンドメイドのシルク刺繍などに人気があるようです。

 いくつかのも雑貨屋をぞいてみました。たしかにお店ごとに個性があり、若いベトナム人のデザイナーによる雑貨たちが、そのオリジナリティーを競っています。
 しかし、全部とは言いませんが、そのデザインと品質からすると、高いと思わざるを得ない値札が付いています。物価の安いベトナムでは、ビックリするような値段で、とても雑貨と言えないものが多いのです。この値段出すんだったら、日本ではもっとよい品質の物が買えると思ってしまいます。

 それでも初めてのベトナムせっかくですから、とある雑貨店でお土産を求めました。白とピンクで蓮の花を刺繍したかわいい巾着で、手縫いなので1点ずつ花の形が異なっているのが魅力です。ちょっとした小物を入れたり、デジカメのケースにもなる大きさで、定価3米ドル(約350円)と値段も手頃。7個で21米ドルと、これなら買えます。
 夜店では値段交渉は当たり前。こ洒落たショップといっても、少しは値引き交渉できるだろうと「Can you discount?」と訊いてみました。その答えは「NO!original」の一点張り。何度頼んでも端数の1ドルさえ、まったく値引きに応じてくれません。“取り付く島もない”とはこのことです。その上、店員の対応と愛想も最悪です。

 「なんだこの店員は!」と、日本へのお土産でなければ店を出るところですが、また炎天下の街中を探し回ることを考えると、ぐっと我慢してさっさと買ってしまうことにしました。最後にブログ用に店内の写真撮影の許可を求めると、これもあっさり拒否。写真の件はともかく、こんなに気分を害した買い物は久しぶりです。
 ドンコイ通りの雑貨屋は、外国人観光客向けの商売、それも高級ブランドショップ並みのプライドの高さにあきれてしまいました。少しかわいいといっても、所詮雑貨なのです。

 後で考えてみるに、こういう商売のやり方が成り立つのは、日本人女性を右代表に買い物客がそうさせているのだと。
 雑誌に載っている写真を片手に、喜んでベトナム雑貨を買いまわる。それも定価のままに。その上「日本で買うよりも安いよね」とバカ正直に有難がっている。実際、隣のテーブルでランチを食べていた女性グループが、そう話していました。本当の価値よりも高値でベトナム雑貨を喜んで買って帰る日本人女性。どこかおかしくありませんか・・・


|

« №812 ベトナム・ドンしか使えないタクシー | Main | №814 深夜便の眠り方 »

Comments

前略、いつも愛読しております。

やはり、そうなっていましたか。

10年前、一ヶ月ほどホーチンミンに滞在し

ました。バブル崩壊時の日本のすべてから逃げ出す様にブラりと来て、列車でダナンまで旅したり
ホーチミン市街を散策したり、今みたいに日本人観光客で俗化されてなく、すこぶる快適でした。

その後、しばらくして観光ブームとなり若い女性の人気で、お土産類の高騰が話題となり、びっくりしたものです。

ここチェンマイにロングステイしていても、本当にお金の使い方が、下手で無駄なチップでばらまいてる、日本人がかなりおります。
独断と偏見ですが、日本人は海外に溶け込み、生活する技術は無理な国民とつくずく思うのですが・・・それに致命的な弱点は英語が話せないない・・・10年も学校で勉強したのに。
おそらく、政治家も経済人も学者・・・英語でコミ二ケーションがとれないなんて、通用しませんよね。
チェンマイの滞在者を観察してると、この閉鎖性、はこれにつきます。それにしても日本人はどこいても、そこの物価を上げてしまうんですね。  独断と偏見をお許しください。

Posted by: S T | February 10, 2008 at 02:46 PM

ベトナムの無愛想で顧客無視の商売には腹立たしいのは
同感です。
それをささえている雑誌などに踊らされている日本人観光客であるのと言う指摘にも賛成です。

ただ、今回の記述を拝見すると
あなたもまさにそのお一人であるということです。

私なら買わずに店をでますが・・・・・


ところで当該店員が値引きの権限を持っているかは確認されたのでしょうか?
ホテルなどで権限のないレシェプショニスト相手に
必死に交渉する日本人をたまに見かけるので・・・

Posted by: ys | February 12, 2008 at 03:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №812 ベトナム・ドンしか使えないタクシー | Main | №814 深夜便の眠り方 »