« №816 チャオプラヤー川の渡し船 | Main | №818 機内で迎える朝 »

February 17, 2008

№817 サイアムパラゴンの巨大スーパー

 オープン当初のサイアムパラゴン
Img_0592

 バンコクのショッピングセンター「サイアムパラゴン」、BTSサイアム駅のホームからその威容や円形の屋根が載ったガラス張りのエントランスを望むことができます。高級ブランド・ショップやレストラン、映画館、デパートなど約300店ものテナントが入店していて、地下にはなんと「サイアム・オーシャンワールド」という水族館まであります。
 05年12月のオープン早々、ちょっとのぞいたことはあるんですが、07年9月ゆっくり歩いてみました。

 初めて行ったのが、1階のスーパーマーケット。エンポリアムと同じ高級スーパー「Gourmet market」でした。まずその広さにびっくり。広すぎて何がどこにあるのやら迷ってしまいます。
 一番興味を引かれたのが、フルーツ売り場です。その種類の多さに2度びっくり。エンポリアムの比ではありません。ドリアンの誘惑に負けそうになりましたが、ホテルの冷蔵庫に買い置きのフルーツがまだ残っているので、ここはぐっと我慢・・・

 ここでお土産を買うことにしました。まず「マカデミアナッツのチョコレート」、タイで買うのも変ですが、母からリクエストされたハワイ製のチョコ、2個で468バーツ(約1600円)です。
 それと以前に紹介しましたダイエット用の「バジルシード」(14.5バーツ、約50円)を4袋、ちなみにこれはわたし自身の分です。
 レジを出ると「FOOD HALL」というフードコートにつながっています。タイ料理はもちろんのこと、いろいろな料理が揃っていて、あちらこちらから美味しそうな匂いがしてきます。それにしても広い! 歩いているうちに方向感覚がおかしくなるくらいです。

 この日は朝から歩き回っていたこともあって、余計に疲れてしまいました。次回はゆっくりと巨大スーパーを探検したいと思います。

|

« №816 チャオプラヤー川の渡し船 | Main | №818 機内で迎える朝 »

Comments

サイアムパラゴンを経営するザ・モールグループは、エンポリウムデパートのオーナーでもあります。
サイアムパラゴンとエンポリウムに挟まれる形で、ライバルであるセントラルワールドプラザとセントラルデパートの基幹店であるチットロム店が、位置しています。
パラゴンははっきり言って大き過ぎて買い物がしにくいです。おのぼりさん向きかも?
やはり、やや規模がちいさいかなと思わせるエンポリウムの方が買い物がし易いです。
同じように、セントラルワールドプラザより、チットロム店の方が全てに消費者にはベターです。

Posted by: city | February 18, 2008 at 09:36 PM

パラゴンの地下はなかなか面白いですね。
ワインセラーのある酒屋は品揃えも豊富、
近くのスパイスショップもクォリティーが高いです。

フードコートはICカード利用で最新鋭ですが
酒が飲めないのが欠点です。

MKの上級店MK GOLDもなかなか面白いです。
高いタイスキは??ですが夕食時はいつも並んでいます。

タイ人の間では評価が全く分かれますが
たか~いイーサン料理の店Cafe chilleも楽しめます。
涼しい冷房の中ワインを飲みながらよい素材で調理された
イーサン料理を食すという倒錯的な喜びが味わえます。
ランナム通りもよいですけどね。

Posted by: ys | February 22, 2008 at 01:58 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №816 チャオプラヤー川の渡し船 | Main | №818 機内で迎える朝 »