« №866 観光庁のロングステイ・ガイド | Main | №868 ビアラオでほろ酔い気分 »

May 15, 2008

№867 スクンビット通りのCHUVIT GARDEN

   きれいに整備された庭園内
20050401_dscf0776

 BTSナナ駅からアソーク方面タイムズ・スクウェアに向かって歩いていると、小ぎれいな洋風庭園に気づきました。こんな所にこんなきれいな公園があったとは知りませんでした。いつできたのでしょうか? 門は開いていて、特別立ち入り禁止でもなく、入園も無料のようなので、入ってみることに。
 きちんと整備された公園内に入ると、すぐに道路側の塀に沿って白い花を咲かせるプルメリアが、甘い香りを漂わせてきます。正面の石版には「CHUVIT GARDEN」とあります。間口はそれほど広くないのですが、奥行きがかなりあり、一番奥に立っているオリベスクのような白いモニュメントが、この公園のシンボルのようです。深緑の樹木が落とした日陰のベンチでのんびり過ごす人もいて、芝生の緑が鮮やかです。スクンビット通りの喧騒とは反対に、“都会のオアシス”といったところでしょうか。

 気になって帰国後調べてみると、このCHUVIT GARDEN、バンコクの風俗王から国会議員に転身したチューウィット氏が、自身の土地を寄付してできた公園だそうです。しかもその土地というのは、以前歓楽街だった「スクムビット・スクエア」を強制撤去したという因縁付きの土地といいます。
 小鳥も飛んでくる静かな佇まいからは想像もできない話ですが、タイらしい話なのかもしれません。

 もし前を通りかかったら、一度入ってみてください。

|

« №866 観光庁のロングステイ・ガイド | Main | №868 ビアラオでほろ酔い気分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №866 観光庁のロングステイ・ガイド | Main | №868 ビアラオでほろ酔い気分 »